横浜に吹く涼風。

横浜華道協会の花展『花笑』を拝見に伺う。

会場に入ってすぐのところ、横浜華道協会会長にして草月流のエース日向洋一先生の指定席。
d0117565_2113680.jpg


横浜では歴史のある花展だけに会場も盛況。
d0117565_21142089.jpg


拝見したのは第2次展だが、お友達が数人出瓶していた。

光風流の山本曄月先生
d0117565_21203614.jpg


真生流の小堀翆桜先生
d0117565_21212678.jpg


古流協会のお仲間、古流松禹会の先生方もご出瓶。
d0117565_21224498.jpg


その他目に付いた作品を数点ご紹介。

d0117565_21233618.jpg
d0117565_21235053.jpg
d0117565_2123593.jpg
d0117565_2124726.jpg
d0117565_21241685.jpg


造形的な作品は少なく、比較的素直に生けられたものが多く観られた。初夏の花材が涼風を呼ぶような爽やかな花展だった。

25日まで、横浜高島屋8階にて開催中
by katabami03 | 2016-07-23 21:29 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2016-07-26 20:21 x
なんだかんだ・・・
やはり、こんな感じが安心できます。w

しかし・・・
不思議と「横浜っぽいあでやかさ」が来ます。
先入観かもしれないが、不思議ですね~。
Commented by katabami03 at 2016-07-26 21:27
>ポ師
まあある意味これが本来のいけばなの姿ってことでしょうね。
前衛だとか造形だとかってなると、極めて個人的な意志によるものだから、どうしても独善的になりがち。前衛でも本当は不特定多数の人にも何かを感じさせるものがホンモノって事なのだろうけれど。
<< いまだに「走り出したら止まらな... 第36回とはすごい! >>