第36回とはすごい!

昨日は研究会日だったが、研究会終了後速攻で小原流の『マイ・イケバナ』を拝見に行く。
終了時間の15分前に駆け込みセーフ。
d0117565_22251930.jpg


作品は小原流会館の二階と三階に展示されている。
最初にざっと展示作品に目を通してから、気になる作品をを主に一点づつ再見。

会場光景
d0117565_22313981.jpg
d0117565_2231492.jpg
d0117565_22315732.jpg
d0117565_223263.jpg
d0117565_22321533.jpg


時間がなくてゆっくり写真が取れなくて残念。
d0117565_22325613.jpg
d0117565_223356.jpg
d0117565_22331369.jpg
d0117565_2233228.jpg

全体の印象としては、どことなくおとなしいかな、といった感じ。
丁寧に作られていて完成度の高い作品も見受けられるが、以前の『マイ・イケバナ』に見られたようなダイナミックさはやや影を潜めたような印象。
デザイン的な作品や、パターン化した作品がも以前よりも多く散見されたのも気になった。
ともあれ、個人が自由に作品を発表する「マイイケ」のような展覧会は、沈滞するいけばな界にあってはとても貴重なイベントだと思った。
by katabami03 | 2016-07-18 22:45 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2016-07-19 21:49 x
う~~~ん、ここまで行くと解んない。
イケバナが「活け花(華)」だとしたら・・・
私には、ここから生命感を受けるのが無理かも・・・
いや、お恥ずかしい・・・見る目が無いね~

Commented by katabami03 at 2016-07-20 10:07
>ポ師
先ず、見て面白いか面白くないか。判断の基準はそんなものだよ。
さらになにか感じるものがあればそれはいい作品だと思う。
<< 横浜に吹く涼風。 長生きはするもんだ。 >>