長生きはするもんだ。

栂池に行くには夜行バスを利用した。
まだ10代の頃は山、スキー、旅行とどこに行くにも大概夜行電車やバスが当たり前だったが、新幹線網が整備されてからというもの、夜行は数十年来使うことがなかった。
ちなみに古い山のガイドブックを見ると、前夜発日帰りとか、前夜発〇泊とかばかりだが、最近のガイドブックには前夜発などどこを見ても見当たらない。

そもそも夜行には、「きつかった」思い出が多すぎるのだな。
夜行電車は対面シートの普通の中距離用の車両で、なまじ椅子に座るよりも床(座っている人の足の下とか通路)に段ボールを敷いて横になった方がマシだった。
バスはスキーツアーで随分とお世話になった。これもふつうの観光バスが主で、リクライニングといっても椅子がせいぜい10センチくらい後ろに倒れる程度のもので、それ以上に良い設備のバスに乗ったという記憶がない。スキー全盛のころは補助いすまで使っていたこともあったもんなあ。

バス旅行で忘れられないのは1981年にアメリカ合衆国をロサンゼルスからシカゴまでバスで行ったことか。ちなみにこのときはバスを乗り継いで5日間かかった。
米国はグレイハウンドとトレイルウェイズという二大会社が北米大陸を網羅している。
移動手段としてバスを利用するというのはあまり豊かでない階層の人達とか学生がほとんだそうで、旅の途中で知り合った学生は「僕たちはグレイハウンドをグレイハードと呼んでいる」と言っていた。逞しいかの国の若者達にとってもバスでの移動は楽ではないという事だろう。

ともあれ何事も経験、パソコンにて予約を入れて当日新宿に赴いた。

バスの乗り場は数か月前にオープンして話題になった「バスタ新宿」。バスターミナルを略しただけで、なんか安直な命名だが「対案を出せ」といわれても、う~~ん、妙案は浮かばぬ。ま、こんなもんなのだろう。
新宿駅の新南口を出ると、おお!
d0117565_21354028.jpg


バス乗り場のイメージがかわるぞ。
そこからエスカレーターで3階(4階だったか?)に上がる。

d0117565_21382483.jpg

待合室は飛行場のようだ。
東海、関西や北陸方面へのバスがひっきりなしに発着している。それを伝えるアナウンスも絶え間なく続く。こういう喧騒の中にいると、久しく忘れていた旅心が沸々と湧いてくる。

そうこうするうちに栂池行きのバスの出発時間が近づいた。
指定されたバスに乗ると、予想以上に快適そうだ。おまけに今回の乗客は十数人。ほぼ貸し切り状態のようなもの。シート間には余裕があり、さらに背もたれを後ろに倒すと、こんなに倒してもいいのかなあと思うくらい倒れる。飛行機でいえばビジネスクラスといったところか(のったことがないので知らないけれど)。
根は神経質な方なのだが年を取って図々しくなったのか、12時に車内灯が消されると知らぬ間に眠りに就いていた。

今回のバスは栂池が終点だったが、槍ヶ岳や穂高、立山方面に向かう人達を下すために何度か途中停車した。そのたびに目が覚めたりもしたが思いのほか寝ることができた。こいつを利用してまた北アルプスに行くのもいいなあ、と思ったりした。
by katabami03 | 2016-07-08 21:02 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 風うたい at 2016-07-09 00:56 x
5月に「塩の道トレッキング」に参加するため同じく新宿~栂池公園間高速バスを往復利用しました。本数が少なく夜行ではなかったのですが、行きは午後3時過ぎ発の便、白馬八方到着が21時近く。長時間の乗車にたえるゆったりしたシート、帰路は3人という貸切状態で快適な旅でした。初めて新宿南口のバスタビルから乗車、エスカレータで上った所にターミナルがあるのですね。空港ロビーのような券売コーナーにも新鮮な驚きを感じました。またこのルートは利用したいと思いました。私はスキーはあまりやりませんが、高速バスは重宝ですね。
Commented by katabami03 at 2016-07-10 22:27
>風うたいさん
JRがあの手この手で様々な企画やサービスを展開しているようですが、バス会社も頑張っているなあと思いました。こういう競争は利用者にとっては有り難いものですね。それにしても帰路3人とは!他人事ながら採算が合うのか心配してしまいます。
Commented by kusanomi at 2016-07-12 13:50 x
スキー場への夜行電車…懐かしいです。
通路で爆睡している男子、確かにいました。
忘れられないのは サークルか何かの誰かが見つけてきた、大人数で行く格安はとバスツアー。
走る車の窓の隙間からあろうことか雪が振り込んできて しかも軽く積もる。。
そんなことにも笑いが止まらなかった若き日々でした。
ろくに寝ていなくても 着いたらカップヌードルを食べてすぐゲレンデへ。

その時にしかできない事はしておくべきですね。
Commented by katabami03 at 2016-07-14 22:22
>K先生
若さってやつですよね~。ロクに寝ていなくても翌日は山に登ったりスキーをしたりしてましたもんね~。
過ぎてしまえば辛いことは薄れていき、楽しかった思い出ばかり。
青春の夜行電車、夜行バスですね。
<< 第36回とはすごい! 栂池自然園ー6月末の花々。 >>