口惜しいけれどやはり圧巻、草月。

新宿高島屋で開催中の草月展を拝見。

d0117565_2251017.jpg


前後期両方伺ったが、勅使河原茜家元はじめ、通期の作品は前期の作品にさらに手を入れて変化させているのには驚いた。
作品の一部に人口素材を加えたものも数作見受けられたが、多くの作品は植物素材で構成されている。これは近年の草月の方針なのであろう。また、以前に多く見られた、塊やマッスによる表現はほとんどなく、繊細な表現が多くを占めている。これはここ数年の傾向であろう。

茜家元の作品。
d0117565_22484690.jpg

d0117565_22485889.jpg


その他、目についた作品(3~6名による合作)から。
d0117565_22493193.jpg
d0117565_22494559.jpg
d0117565_22495480.jpg
d0117565_2250327.jpg
d0117565_22501010.jpg
d0117565_225018100.jpg
d0117565_22503563.jpg
d0117565_22504548.jpg


合作に比べ、個人作品は今回は狭い空間に押し込められているような印象。それぞれの作品の完成度は高いだけにやや残念。

d0117565_2255327.jpg
d0117565_22554127.jpg
d0117565_22565038.jpg


この高いレベルを毎回維持し続けるというのはほんとに大変なことだと思う。
大流の底力というものを見る思いだった。
by katabami03 | 2016-06-07 23:03 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by 純イチロー at 2016-06-09 18:31 x
ひとつひとつの作品が、
素晴らしくエネルギッシュですね!
ひとでも、動植物でもない「命」のエネルギーを感じます。
Commented by katabami03 at 2016-06-10 18:27
>純イチローさん
まさに仰る通りですね。
今回は特に強く感じました。
<< 深緑のなか、渓魚と遊ぶ。 足利探訪記。 >>