雅叙園、第7期が始まりました。

昨日生け込み終了。まあ色々あってスッタモンダ。何とか無事終了。本日より第7期が始まった。

エントランスの作品はお弟子や花屋さんの助っ人が手伝ってくれたおかげで何とかうまくまとめることができた。

d0117565_23415788.jpg


エレベーター前はおおむね好評であるが、本人的には反省材料多々。
「花は足で生けろ」といわれている。今の時代、自ら現地に赴いて花材を採取するのは大変な労力を必要とする。結局花屋さんにお任せすることになってしまうのだが、そこで希望に沿った花材が入手できないとしたら、与えられたもので生けるか、さらに別のルートを頼って花材を入手するか。そのあたりの執念みたいなものがあるのかないのか・・・はたして自分はどうだったのだろうか。
上の部屋の見せ方、こちらも反省しきり。

まあ落ち込んでいてもしょうがない。
明日に向かってポジティブに行きましょう。
「いけばな×百段階段」展、乞う、ご来駕ご高覧。
by katabami03 | 2016-04-26 23:53 | 展覧会・イベント | Comments(4)
Commented by 風うたい at 2016-04-27 08:34 x
明日、友人たちと会場に伺います。
渾身の作品を間近に拝見できることを楽しみに。
Commented by katabami03 at 2016-04-27 23:32
>風うたいさん
有難うございます。
お天気が悪そうですのに恐縮です。ご無理なきよう。
Commented by kusanomi at 2016-04-30 16:43 x
空間を充分意識された 迫力満点のエントランスから一転、同じ竹の素材なのに全く異なる静かな佇まいをみせたエレベーターホール。
そしてこなれた室内の設えへと 変化する構成を楽しませて頂きました。
でも作者は観客の気付かぬ部分をしきりと「反省」するモノなのですね。。
故に いけたり創ったりがやめられない?!
Commented by katabami03 at 2016-04-30 22:06
>K先生
強風の中をご来場いただき有難うございました。
ゆっくりお話もできず失礼いたしました。
三か所は正直言ってシンドイですけど、豚もおだてりゃ何とやらで励みになります。
<< ああ、シンドい。 いけばなアスリートってか。 >>