これは朗報。

「いけばな×百段階段」展もいつのまにやら第5期。はァ~、月日のたつのは何と早いことよ。
戯言をいている場合じゃない。ロビー作品の仕込みが急ピッチ。ちょっと焦ってきた。

さておき、第4期と第5期のロビー作品をご紹介。
4期は古流松應会の千羽先生。5期は広山流の岡田先生が担当された。お二人ともこれからの華道界を背負って立つスター家元だ。

千羽先生作。今にも動き出しそうな生命力を感じさせる。
d0117565_212744100.jpg


エレベーター前は3日交替でお二人の先生が担当された。
前期は中川先生、後期は岡田先生。松應会のベテランの先生だ。
d0117565_21301553.jpg

d0117565_21543023.jpg


第5期、岡田先生によるエントランスロビーとエレベーター前の作品。なんと鷹揚なあでやかさだろう。
d0117565_21315942.jpg

d0117565_2154535.jpg


だいたいこういうのは早くやっつけて楽になった方がいいのだな。あとになるほどジワ~ッとプレッシャーが・・・。

ところで雅叙園に行く方に朗報。
昨年まで、帰りしかなかった送迎バス(片道じゃ送迎とは言わないか)だが、今年から往きの便も出るようになった。
乗り場は目黒駅東口にある交番前。特に乗り場の表示があるわけではないのでわかりにくい。目印としては柵のチェーンが切れているところで、住所表示の石柱が立っている。
d0117565_21441679.jpg


数日前の雨の日に利用させていただいたが、中国人の団体客が十数人乗ったので積み残しが出てしまった。
中国人コミュニティーの伝達力の速さには恐れ入った。
by katabami03 | 2016-04-14 21:49 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< 心穏やかならざる日々。 檜デビュー? >>