初漕ぎ。

正月休み明け、さくっと仕事をして一日休み。今年初のチャリ。さてどこに行こうかと迷うところだが、前日教室にスマホ忘れてきたので、とりあえずそいつを取りに行く。
チャリに乗るのははずいぶんと久しぶりなので最初は億劫だったが、乗り始めてしまえば気持ちいい。
本当だったら自然のあるところに行きたかったのだが、まあここまで来たのだからと一足伸ばして銀座の松屋で開催中の「日本のおしゃれ展」を拝見に。

d0117565_2295977.jpg

d0117565_21364564.jpg


一点一点じっくりと見ていたらいくら時間があっても足りないくらいの質量が展示されている。
ゆっくりしていると帰りは日暮れになってしまうのでサラリと流し見。まあそんな見方なので、正直なところ前回と同じものが出品されているか否かは不明だが、着物と帯の取り合わせは色で合わせたり絵柄で合わせたりと、どれもしっくりとした調和を見せていた。
欲を言えば、もう少し冒険的な組み合わせも見たかった。
着物って合わせ方によっては上品にも下品にもなるわけだけれど、全体嫌味がない分、おとなしいコーディネートって感じ。ギリギリ下品にならないきわどさ、あるいは「へー、こういうのもアリなんだ」的な組み合わせのものなどが混ざっていると、より新鮮味のある展示になったろうなあと思った。
いずれにしても、着物や帯は勿論のこと、帯締めや帯留め、半襟に至るまでいずれもが一級の美術工芸品だ。まさに眼福、そんなひと時を過ごした。
by katabami03 | 2016-01-09 22:07 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by 純イチロー at 2016-01-10 16:21 x
あけおめでございます。
多少難あり、されど職人技には目を見張る。
こんなとこでしょうか。

Commented by katabami03 at 2016-01-12 21:25
>純イチローさん
初コメ有難うございます。
今年もまた平穏な日々が過ごせるますように。
<< 霜の華。 子どもたちに触発されて。 >>