晩秋の宵、心地よい花展。

「いけばなラボ」という超流派の勉強会があり、2009年に1年間そこの講師をやらせていただいたことがある。そのラボのメンバーのうちの二人、神谷応美さんと小堀翆桜さんが南青山の「蔦サロン」で二人展を開催中。

神谷さんは頑張って大小合わせて20数作を展示。

d0117565_215528.jpg

d0117565_21551093.jpg


小堀さんは大きめの作品を数作。

d0117565_21561646.jpg
d0117565_21562497.jpg


拝見してすぐに失礼しようかと思っていたのだが、なにやら宴の準備が進められていて、草月の日向先生や小原の森井先生、そのほかラボの面々や関係者が参集、速攻帰りもヤボなので少しだけごちそうになってきた。

いけばなはやった者勝ち。実際に行動を起こさなければ何も始まらない。お二人とも今回の作品を拝見して、着実に力を付けていることがうかがい知れた。そして仲間というのいいものだなあとつくづく感じる二人展だった。


いけばな二人展:明日(22日)19時まで、南青山「蔦サロン」にて開催
by katabami03 | 2015-11-21 22:10 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< たった一度の人生だもの。 2016は始まっているわけで。 >>