長い一日だったなあ。

本日は、開催中の「日本いけばな芸術展」の会場受付当番を開店から午後1時までこなす。
昨日はスゴイ「クレーマー」が来たらしい。なんと4時間以上文句を言い続けて引き上げたとのこと。なんでも、高島屋でも札付きの有名人らしい。
出品作品が倒れたりしたアクシデント(こういう時の対応もするんですよね)などがあったものの、とりあえずつつがなく終了。
第3次展の会場を一巡して代官山に向かう。

代官山では丁度「猿楽祭」が行われており多くの人出が見られた。
「大地の芸術祭」も参加して妻有の物産を販売している。

d0117565_20174910.jpg


ここで「いけばな雪舟流展]を拝見。

d0117565_20224065.jpg

d0117565_20225289.jpg


続いて高円寺に向かい、「座・高円寺」にて、工藤丈輝・若林淳の舞踏『敗北の傘』を観る。

d0117565_20285416.jpg


昔の芝居仲間がこの公演のスタッフをしている縁で出かけた次第。
舞踏はまったく詳しくないので、このお二人もどういう人か知らなかったが、土方巽や大駱駝艦等の暗黒舞踏の流れを汲む人たちらしい。
このテの舞踏を観るのは実に30数年ぶりのことだ。

印象としては、スタートして10分くらいは期待を持たせるような流れだったのだが、その後は昔からの暗黒舞踏とさしたる変わりのないパフォーマンスで、冗長な印象が強く、じっと我慢の時間が長かった。
終演前の30分くらいはテンポも展開も良く、スッキリとまとまっていたように思う。
いずれにしても、土方巽の偉大さを改めて思う久々の暗黒舞踏だった。
by katabami03 | 2015-10-11 20:18 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2015-10-11 22:10 x
う~~~~~む。舞踏・・・・・
せめてフラメンコとかなら何とかなりそうだが・・・
「前衛」となると、土方先生すら理解不可な私。

猿楽祭の屋台の方が気になるようでは・・・
下賤と言われても仕方ないな~ww

都合があって、先の展示に伺えずにゴメン。
かたばみ会の方は、会場変更?
お邪魔しようと思っています。

我が盆栽達も、はや紅葉の気配。
錦木も紅く、欅は葉を落とし、老爺柿は色付き・・・
ちゃんと感じているんですね~。
Commented by katabami03 at 2015-10-12 21:36
>ポ師
まあ「現代」とつくものは美術にしても音楽にしても、あるいはいけばなにしても、「わけがわからない」っていうのが相場。自分勝手に感じるままでいいと思っている。
そこに行くと自然はいいよね~。大自然も盆栽も公平!
<< 前橋物語。(高崎物語60) セレブリティー御用達。 >>