釣りと合羽の関係。

昨日は久々の休みで前々から釣りに行く予定を立てていたのだが、朝になっても前日からの雨が長引いてどうしたものか逡巡していた。それでも予報では午後は雨も弱くなり曇りがちということで、本年度最後の渓流釣りに行く。

d0117565_2191133.jpg


入渓地点で準備をしていると、渓から上がってきた先行者とバッタリ!
平日の、しかも雨天だというのに物好きもいたもんだ。まあ禁漁間近なのでこんなこともあるのだろう。
渓の情報を聞くと、増水していて先へ進めないという。また、魚も釣れていないようだ。連休中は天気も良かったし、結構人が入って来ていたのかもしれない。警戒心の強い魚だけに、人が入りやすいところはそれだけ条件がきつくなるわけだ。
しからばと、秘密の抜け道を通って少し上流に入る。
およそ50メートルほど釣り登るが、リリースサイズの小ヤマメが遊んでくれるばかり。
川の両端が切り立った崖で、通常は川の端を遡っていくところがあるのだが、増水で行く手を阻まれ、そこで止む無く退散。

その後、普段は行かない上流部にて再び入渓。ここで粘ってようやく晩御飯の一品くらいにはなる数をゲットすることができた。

しっかし、まあ、天気予報にはダマされたなあ。結局終日雨。
およそ3か月前に新しい雨具を買ったのだが、おニューを釣りに使うのはもったいないし、午後には雨も上がるとの予測で、古い雨具を持って行った。これが第誤算で、一応防水スプレーをかけていったというのに全く役立たず。
肩から腕にかけてはすぐさまびっしょり。下に着ていた長袖シャツもジットリと濡れ始めるが、幸いにも最近の下着には大変機能性に優れたものがあり、それを着ていたために思ったよりも不快感を感じない。
そんなこんなで雨の中を5,6時間、魚との駆け引きを楽しんだ。

以前にこのブログに書いたこともあるが、雨が嫌だという人の多くは着ているものや靴が濡れるからいやだ、ということが原因だからであろう。私は濡れることを前提の服装をしている限り雨の中を歩くことは嫌いではない。
そんなわけで、今回は図らずも久々に自然と混然一体になる至福の時間を楽しむことができた。

それにしても雨合羽をどうしたものか。

d0117565_2134173.jpg


随分と長い間あちこちに同行して風雨から身を守ってくれた合羽。
ご覧のように縫い目のシールも剥がれ、もう寿命というのは歴然。でも愛着もあるし、雨はダメでもウインドブレーカーとしてならまだまだ使えるよなあ。

断捨離って難しいよね。
by katabami03 | 2015-09-26 21:38 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)
Commented by 日本橋うさぎ at 2015-09-26 23:36 x
断捨離というはさておき、思い出は胸の奥に刻んで(というか傷とかホコロビを写真におさめて)、新しい相棒と出会いに行くのも一興かもです。
Commented by 大江戸時夫 at 2015-09-28 13:59 x
良い色ですね。
小生も捨てないタイプなので、2-30年前の服をとってあることももあったりして(10年はザラ)、怒られたり呆れられたりしています。
Commented by katabami03 at 2015-09-28 16:45
>日本橋うさぎさん
そうですね。新調すればほぼ永遠に着なくなることは分かっているんですからね。

>大江戸さん
大江戸さんもそうでしたか。ちょっと意外でした。
幸か不幸か体形があまり変わっていないので昔の服でも着れちゃうんですよね。ガツンとデカイ肩パッドの入った服なんか絶対着ないのに。
<< 切ないね。 葉蘭に始まり葉蘭に終わる。 >>