私の9・14。

秋の展覧会シーズンに突入したが、公私にわたって懸案が山積。
優先順位を決めて、残る案件は先送りだ。

昨日は午前中にいけばな関係の雑事をこなし、7月から開催されていた展覧会をやっと見に行くことができた。

横浜美術館で開催中の『蔡國強展:帰去来』

d0117565_2135134.jpg
d0117565_214125.jpg


一昨日終了した「大地の芸術祭」でキナーレに巨大な『蓬莱山』を現出させた作家の個展。
数年前に行われた「北京オリンンピック」の開閉会式での花火によるパフォーマンスをプロデュースした作家と言えば思い浮かべる人も多いと思う。
花火のプロデュースもさることながら、火薬を使った絵画などが氏の真骨頂と言えよう。今回の個展でも数点の火薬絵画の大作が展示されていた。
火薬という暴力性とは裏腹に、描かれたものはとても穏やか。しかしそれはただ静かなだけではなく、強い精神性を秘めている静謐とでもいえようか。それは剥製のようなオオカミを数十体使ったインスタレーションでも見て取れた。
この展覧会を観て蔡國強さんという人のイメージが随分変わった。
なんの根拠もないのだが、「この人は結構優しい人なんじゃないだろうか」と、勝手に思ったりもしている。

ランドマークのスタバで一息入れて、国会議事堂前に向かう。

6時半頃、議事堂前にはすでに多くの人たちが歩道にあふれている。
今夜は右翼の人たちもトラックを繰り出している。日本のさらなる属国化を進める法案なのだから当然と言えば当然だわな。

d0117565_21401063.jpg


その後もどんどん人が増え、歩道上では収まりきらず、7時を回ったくらいだろうか、それまで警察官によりかたくなにブロックされていた規制線も耐え切れず、ついに車道も解放された。

d0117565_21402937.jpg

d0117565_21403832.jpg


周りを見回してみると、そこにいるのはごく普通の市井の人たちだ。どこにでもいそうなオジちゃんオバちゃん、フツーのお嬢さんや若い夫婦。老若男女、止むにやまれず集まってきた人々だということが一目瞭然。

d0117565_21473055.jpg


これだけの抗議の声があっても法案は通ってしまうのかもしれない。けれども異議申し立ては続けていく。取りあえずの目標は来夏の選挙あたり。


国会の意見陳述(だったかな)、これ自体がアリバイ作りに過ぎないのだろうけれど、SEALDs(シールズ)奥田君の、謙虚ながら強い信念に裏打ちされた意見には感銘した。
最後の部分だけだがご一読いただきたい。

「どうか、どうか政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の『個』であってください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を持って孤独に思考し、判断し、行動してください。

 みなさんには一人ひとり考える力があります。権利があります。政治家になった動機は人それぞれ様々あるでしょうが、どうか、政治家とはどうあるべきなのかを考え、この国の民の意見を聞いてください。

 勇気を振り絞り、ある種、賭けかもしれない、あなたにしかできないその尊い行動を取ってください。日本国憲法はそれを保障し、何より日本国に生きる民、一人ひとり、そして私はそのことを支持します。

 困難な時代にこそ希望があることを信じて、私は自由で民主的な社会を望み、この安全保障関連法案に反対します。」
by katabami03 | 2015-09-15 21:35 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 風うたい at 2015-09-16 01:41 x
「私の9.14」心して拝読、お忙しい平日の夜遅くまでお疲れさまでした。戦争法案廃案、アベ政権ノーの民意は日増しに強くなっていますね。一人ひとりの意志でつながる国会包囲網の力強さに心が熱くなります。SEALDsの奥田愛基くんの発言、深く心に届きました。何があろうと、彼らの様な若者を育てた戦後の平和と民主主義を守り抜きたいですね。熱いレポートをありがとうございました。
Commented by katabami03 at 2015-09-17 13:30
>風うたいさん
昨夜(16日)もちょっと行ってきたのですが、すごい数の警察官が警備にあたっていました。来ているのはどう見たって普通の人達なのだから暴動を起こす心配なんかないはずなのに、
圧倒的な数を恐れているのでしょうね。
一人一人はみんないい人達で、道を聞いてもとても親切に教えてくれるフツーのお巡りさんです。
ともあれ、できることをできる範囲で。
Commented by 大江戸時夫 at 2015-09-17 13:46 x
昨日の仕事帰りに初めて国会周辺に行き、(軟弱ですが)1時間半ほど声をあげてきました。60代ぐらいの方々が多かったですが、子供からお年寄りまで大勢の方々が集まっていました。
確かに人のよさそうなお巡りさんが多かったですし、DJポリスの影響か、アナウンスメントや誘導も割とソフトでした。
確かに「できることを・少しでも・できる範囲で」だと思います。
Commented by katabami03 at 2015-09-18 05:29
>大江戸さん
お忙しい中をよくぞご参加されました。敬服です。
採決されてしまうのかもしれませんが、SEALDsの奥田君も「自分の意志で参加したものは続けていく」みたいなことを言っていました。これからが正念場だと思います。
「できることを・少しでも・できる範囲で」
<< 私も忘れない。 自然の驚異と自然からの恵み。 >>