猛暑をものともせずハシゴする。

暑い盛りにいけばなの展覧会が重なるのは珍しいことだが、見る方にとっては有り難いことだ。
というわけで本日は華道展のハシゴ。

まずは横浜に向かい、横浜華道協会の花展「花笑」を拝見。

数年前より会長をされている日向洋一先生の作。

d0117565_21511570.jpg


様々ないけばなが楽しめるのは藷流展ならでは。

d0117565_2153738.jpg

d0117565_21533718.jpg
d0117565_21535815.jpg

d0117565_2155811.jpg
d0117565_21551622.jpg


第2次展を見た限りでは草月さんの佳作が目立った。

d0117565_21571560.jpg
d0117565_2157278.jpg


続いて新宿高島屋で開催中の小原流東京支部の花展「颸(すずかぜ・見たことがない漢字だ)の一日」に向かう。
湘南新宿ラインで横浜新宿間が約30分、ずいぶんと近くなったものだ。

会場受付には小原流の重鎮、古作厚子先生とお友達の知地正和先生にお会いし、しばし立ち話。
受付正面の、家元小原宏貴さんの作品。

d0117565_2283876.jpg


講師陣の合作「風おもう」。

d0117565_2294155.jpg


「あ、いいなあ」と思ったら、伊藤庭花先生の作でした。

d0117565_22103518.jpg


古作先生の作品は相変らず豪快で、まさに作は人を表わす。

d0117565_2211231.jpg


様々なしつらえで見るものを魅了する。

d0117565_22122849.jpg
d0117565_22123732.jpg
d0117565_22124872.jpg
d0117565_2213614.jpg

d0117565_22143339.jpg


工藤和彦先生作。

d0117565_22151445.jpg


東京支部長堀江美瑛先生作。

d0117565_22161781.jpg


横浜でも新宿でも友人知人にお会いしてついつい長居をしてしまったが、楽しいハシゴだった。
by katabami03 | 2015-07-25 21:54 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< 先人の知恵に感謝。 オリエント。 >>