旅に出たいなあ。(高崎物語59)

日曜日の朝、高崎駅を出発するSLは何度か紹介した。
SLに引かれる客車は時々によって使い分けられているようだ。
一番頻繁に見るのが青い客車で、これには古い車両と、それに似せて作られている比較的新しい車両とがある。青の古い車両は、夜行電車などで使われていたように記憶している。高校生の頃、山に行く時や京都に行った時の帰りの夜行列車もそれであった。
ブルートレインという呼称はこの辺りから付けられたものと推測する。
今日見たのはそれよりももう少し古いと思われる茶色い車両だ。

d0117565_19164226.jpg

d0117565_18232557.jpg


座席は製造当時のものではないように思われるが、それでもそうとう古い。車両の脇に掛けられた運行区間を表示する琺瑯引きのプレートなどが懐かしい。

連結部に面したところに製造年の表示がある。(この表示、なんていうのだろう?)

d0117565_18352659.jpg


risiと同い年。現役っていうのが嬉しい。
少しばかり気になるのは、隣に「JR東日本」とある。製造当時はJNRだったはずだから、これは後付されたものであろう。
だから如何だという事でもないのだが、ちょっとした違和感を感じてしまった。

このテの客車は、30~40年前までは全国あちこちで使われていたと思う。
さすがに今ではこういった客車は姿を消しただろうが、この車両はここに来るまではどこかで走っていたのか、あるいは動態保存されていたのか、ともかく潰されないでよくぞ残ってくれた。

東京では真っ先に新型車両に取って代わられるが、山行やスキーで東北や北海道に行った折には随分と世話になった客車だ。30年くらい前にも東北のローカル線で、床が木製で、天井が高いかまぼこ型の客車に乗った記憶がある。

こんな客車を観ていると、一緒に山々を駆け巡った先輩や友人たち、折々の山の情景などがしみじみと懐かしく思い出される。
by katabami03 | 2015-07-13 19:14 | 高崎物語 | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2015-07-13 23:51 x
うんうん、この色は懐かしいネ♪
省線の色と同じなのかな~? 
あいにく鉄チャンじゃないので、解らん。
でも、子供の頃に慣れ親しんだものは忘れない。
床に塗られた油なんだかワックスなんだか、匂いも蘇る。

スキー列車は、夜行というだけでワクワクした。
垂直の背もたれ、縁取りは木製で、鉄部は鋳物?

育って、高校2年の夏から始めた一人旅、基本は上野発。
改札の上に長く針金が張られ、そこに行先別のブリキ板。
色分けられた未知の土地の中から目的地を見出す。
寝袋すら買う知恵も無く、床に新聞紙を敷き・・・
ろくに眠ることも出来ずに夜明けを感じ、デッキに・・
朝もやの中、田畑と民家、そして遥か山々。

何を求め、何を探し、どんな期待をしたのか・・・
未だに説明はできないが、何かは得られたのか・・・
今でも、癖が抜けないから、さぞ良かったのだろう。
おかげで、人より大学生活も延長することに。(爆笑)

私は比較的ノスタルジックに嵌らない方だし、
若い癖に、知識だけで古いものを知った振りする人が嫌い。
若い人は、今をもっと記憶すべきだと思う。
それも、触って感じて、なるべく緻密に実体験で。
だって、それがやがては「過去」になるんだから。

お~、今夜は・・・なかなかオジン臭い。ww

ちなみに、おかげさまで完走はできました。


Commented by katabami03 at 2015-07-15 23:39
>ポ氏
昔を懐かしみつつ新幹線の涼しい車内でビールをグビッ。
つくづくいい時代になったなあと。
<< 是々非々。 身内贔屓ではないが。 >>