心豊かな時間。

いけばなインターナショナル鎌倉支部の例会で、インドのハイデラバード支部、元支部長のレッカ・レディーさんがデモンストレーションをするということで拝見に行った。

場所は円覚寺の塔頭の「松嶺院」。

北鎌倉駅より徒歩1分。

d0117565_21172484.jpg
d0117565_21173666.jpg
d0117565_21175771.jpg


松嶺院は山門の右手に位置する。

d0117565_21191710.jpg


レッカさんとは一昨年に開かれた「いけばなインターナショナルアジア大会」にデモンストレーターとして招かれた折に知り合い、その縁で昨年ハイデラバードに呼んでいただいた。
ハイデラバード支部はお母さんが立ち上げたそうで、レッカさん自身も2008年から2012年まで支部長を務められ、また、20年以上の指導歴をもっているというインドでもっとも活躍されている華道家のひとりだ。

d0117565_21452855.jpg

d0117565_214699.jpg

d0117565_2147056.jpg


デモンストレーションではインドから持ち寄った植物と日本の植物とを巧みに調和させながら、テンポよく生けあげていく。手際の良さ、そして茎を切ったり、葉を落とす際のためらいのなさはその実力の片鱗をうかがい知るに余りあるものであった。
約1時間のデモンストレーションでは、さまざまな形態のはなを10作生けあげ、そのいずれもが完成度の高いものであった。

ようやく春らしさを見せてくれた一日、レッカさんはじめいけばなインターナショナルの先生方に久々にお会いでき、有意義で幸福な時間を過ごすことができた。
by katabami03 | 2015-04-16 21:28 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by nageire-fushe at 2015-04-18 22:18
ご無沙汰しております。
インドの方の花、インドの花を使って
すばらしい花会になったのでしょうね。
お疲れさまです。
Commented by katabami03 at 2015-04-18 22:57
>nageire-fusheさん
彼女はインドはもとより、ベルギー、シンガポール、ニュージーランド、アメリカなどでもデモンストレーションをしている素晴らしい華道家だと思います。
シャガの葉や花を愛でる、そういう感性の持ち主なんですよ。
<< お待ちかね。 朗報なるか? >>