新暦or旧暦?

昨夜は寄り合いで帰りが遅くなり、一昨日予告した私見が書けなかった。ご容赦。

で、何が言いたいかというと・・・、生け花に限らず日本には節句というものが慣習としてのみならず、文化として根付いているわけで、我々の精神的的背景におおきな影響を与えていると思うわけだ。(おお、アカデミック!)
ただね、困るのは節句には花がそれぞれ象徴的に付随しているわけで、コレが新暦では本来花が咲く季節よりも早い。生産者の努力(商魂?)で花屋さんで買うことができるが、無理をしているので花が咲く前に傷んでしまったりする。3月3日の節句(上巳)に桃の花を飾っても、花がきれいに咲く前に莟みが黒ずんでしまった、という経験がある方はおおいのでは。

暦を旧暦に戻せ、というわけではない。せめて節句の日くらいは旧暦に戻してもいいんじゃないかと思うわけだ。
中国や華僑の人たち(ベトナムもそうだったような)は旧正月を盛大に祝うではないか。これで何か不自由があるだろうか。

と、まあそんなことを常々思うわけだ。

d0117565_1929451.jpg


稽古の残花の桜を飾っておいたら見ごろを迎えた。
綺麗だけれど、やっぱり若干の違和感がなあ・・・。
by katabami03 | 2015-03-17 19:31 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 純イチロー at 2015-03-17 22:18 x
節句も旧暦もそう思いますねー。
あまりガチガチに決めてしまうのも、窮屈すぎて良くないような。
日々、ゆとりを持っておおらかに過ごしたいですね。
Commented by katabami03 at 2015-03-19 19:54
>純イチローさん
いけばなをしているとホントに困っちゃうんですよ~。
菊なんかは一年中出回ていて、それはそれで味気ないもんですしね~。
<< 百段階段考。 春は名のみ。 >>