春は名のみ。

ごく自然な感情から言えば、花を飾るとすれば今現在身近に咲いている花を手折って飾るのがもっともふさわしいといえるだろう。
いけばなの世界では、幾分季節を先取りしている感がある。とりわけ展覧会ともなると、2月、3月でももう春色満開といった様相だ。

このところ各種花展が続いたので、なんだかもう春たけなわみたいな気分になっていたが、あわただしい時間も過ぎて、改めて周囲を見回してみると、あれまあ、ま~だ、ま~だ春はこれから、だよね。

d0117565_2240946.jpg


平均気温から見ると2月が寒さの底らしいが、それを基準に考えると、3月の気温は1月といくらも変わらないということだ。3月という響きから、なんとなく暖かくなっている気がするけれど、実際は1月並み!こりゃあ寒いわけだわな。

年間を通して花を生けていると、あれやこれやいろいろと思うところがあるわけだ。
このへんのところ、キチンと整理して述べたいと思う。
今夜はちょっと酔っているので明日改めて・・・ご容赦!
by katabami03 | 2015-03-15 22:55 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 新暦or旧暦? 大道芸。 >>