まだ見ぬ異国への想い。

いけばなの伝道師はここ数年、香港、パラオ、シンガポール、インド(デリー・ハイデラバード)と伝道の旅を続けてきた。
毎年暮れには上記の地で知り合った人達にささやかなお礼の気持ちをお送りしているのだが、数人からメールやクリスマスカードなどをいただいている。
今年はなんとスリランカの方から思いがけない贈り物をいただいた。

d0117565_2150826.jpg


右上の服と左下の風呂敷のような布。
服はご覧のように、日本ではまず見かけないような色と図柄。
開けてみた瞬間に「怪傑ハリマオ」を思った。若い方はご存じないだろうなあ・・あしからず。

布の方は図柄が少しズレていたりして、いかにもエスニック的ないい感じ。スリランカには風呂敷というものがあるかどうか浅学にして不明だが、多分同じように使うのだろう。

服の絵をよく見ると象が描かれている。

d0117565_22145742.jpg


スリランカにはもちろん行ったことがないのだが、過去の見聞のなかでおぼろげながら、スリランカと象とは何か密接な関係があるような、そんな記憶がある。
暇なときに調べてみようとおもうが、それよりも何よりも、百聞は一見しかず。
やっぱ行きて-なぁ。
by katabami03 | 2014-12-25 22:11 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 風うたい at 2014-12-26 09:28 x
素敵なプレゼント、色合い、文様、形とも、いい味です。 花の伝道師✨ 理司さまにお似合いと思います。
色は植物染料でしょうか? 化学染料を使った大量生産では出せない色味ですが(例えば髪を染めるヘナのような)。
どのような工程で作られたのか、近年、女性たちの経済的な自立手段の一環でもあるのでしょうか? など関心は尽きません。
アジアの染織はそれぞれに独特で美しいですね。
Commented by 純イチロー at 2014-12-26 17:39 x
ハリマオー、ハリマオー、かいーけーつー、ハリマオー
これはハリマオ様からのクリスマスプレゼントでござるなー
殿!すぐにヤフオクのご手配を!
Commented by katabami03 at 2014-12-27 23:01
>風うたいさん
手作りっぽい味わいがこのテの衣類の持ち味ですよね。
でもほかの衣類、特に白っぽいものとは、怖くて一緒に洗えません。そんなことも含めて楽しいですね。夏が来るのが楽しみ。
Commented by katabami03 at 2014-12-27 23:04
>純イチローさん
牧冬吉が出ていたんですね。牧冬吉と言えば白影さん・・・って、古いですね~。知る人ぞ知る、って年代ですね。
<< 賀状も人それぞれで。 一陽来福。 >>