上州も冬到来。(高崎物語56)

大宮駅に着いたら、上越新幹線は越後湯沢から先は雪のため動いていないという。
今日行くのは高崎だし、新幹線は使わないから問題はないのだけれど、ま、そのくらい雪が降っているとのことだ。

月イチの高崎通いだが、本日は上下ヒートテックのアンダーウエアで身を固め、万全の体制。
乗り継ぎの時に電車を待っている間が寒いのだが、そんなわけで今日は快適(?)な電車待ちだった。

仕事先近くの高架は、妙義、榛名、赤城等の上州を代表する山々の絶景のビューポイントとなっている。

浅間山はすっかり雪を被っているようだが、雲がず~っとへばりついていて全貌を表わさない。あの雲が雪を降らせているのだろうな。

d0117565_2365797.jpg

by katabami03 | 2014-12-14 23:14 | 高崎物語 | Comments(0)
<< 傘地蔵、ちゃうでェ。 息切れの先には。 >>