嬉し恥ずかし。

いけばなとフラワーアレンジメントの人たち、二十数人の作品を集めた本が出版された。
恥ずかしながら私もその中に入っていて、過去に発表した作品数点が掲載されている。

d0117565_23182789.jpg


最初に言っちゃうけど、定価がなんと¥11800-。
文字媒体はもう瀕死の状態だけれど、写真集的な本はまだ需要があるのだろうか。ましてこんな豪華本。

書店に行っても、以前は生け花のコーナーがあったものだが、今は大型書店に行ってもせいぜい園芸やフラワーアレンジメント関係の本の片隅にお世辞程度に数冊置いてある程度だ。
ともあれ、自分の作品がこんな形で出版物になるというのは素直に嬉しい。
改めて眺めていると、一作ごとにその頃の自分の姿が思い起こされ、懐旧の思いが込み上げてくる。

d0117565_23382845.jpg


どこぞの書店で見かけたら、ぜひ覗いてみてください。元気いっぱいのrisiがいます。

(ご希望の方はご連絡ください。少しお安くお分けできますので。)
by katabami03 | 2014-12-11 23:43 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 息切れの先には。 蔦、面白いね。 >>