明日に向かって!

昨日は午前中に「いけばな公募展」の生け込みを済ませ、小原流の森井芳翆先生が主宰する社中展の拝見に伺う。
会場は横浜の藤ヶ丘にある、普段は稽古場にされているスタジオ。

d0117565_21104667.jpg


入口からして、ご覧のとうりのしつらえ。
中はどこもかしこもむせ返るような花空間だ。

d0117565_21142859.jpg
d0117565_21143734.jpg
d0117565_21144783.jpg
d0117565_21145516.jpg

d0117565_21151255.jpg


こちらは洗面所。

d0117565_21154485.jpg


なんとトイレの中まで!

d0117565_21162446.jpg


花と遊ぶ、と言うとちょっと語弊があるかもしれないけれど、デパートなどで開かれる展覧会を見慣れた目には、意表を突かれるような屈託のないおおらかさを感じた。
どの花からも、花を生ける事を心から楽しんでいる様子が伝わってくる。

帰路、自分自身のいけばなに対する姿勢に、いろいろと思いを巡らす花展だった。

「いけばな公募展」の会場に戻り、ゆっくりと作品拝見。
今年は全体的に力作が多く見られ、ここ数年の停滞は何だったのだろうかと思わせるような充実した展観を見せている。

d0117565_21411331.jpg

d0117565_21412327.jpg


この展覧会には以前から龍生派という流派の先生方が多数参加されているのだが、今回は同派のベテランの先生方の作品が目に付いた。また、若い人たちのいけばなに対する姿勢も印象深いものだった。
昨今、損得勘定で花を生けている輩を目にするが、この展覧会に関しては皆欲得抜き。
いけばなを自己表現のツールとして切磋琢磨する姿は敬服に値する。

ちなみにrisiは、今回はこんな花を生けた。

d0117565_21524374.jpg


この天覧会に出品するのは実に10数年振りのことだ。
最近は偉くなってアグラをかいている自分がいる。イカンイカン。
自分を鍛える場として、これからもこういう会には参加して行こう。
by katabami03 | 2014-11-30 21:46 | 展覧会・イベント | Comments(3)
Commented by 航路 at 2014-12-02 20:46 x
今日公募展を拝見しました。会場いっぱいに作品があり、盛況な様子を感じます。真ん中の透明の筒に入っている赤いバラの花びらですが、外から見えない部分も全部花びらですか? それとも見える部分だけで、中身はどのようにされているのでしょうか? 企業秘密ですか。
Commented by katabami03 at 2014-12-02 22:11
>航路さん
ご来場いただき有難うございました。お会いできず残念。
バラの件、企業秘密というほどのことではありませんが、あまり詳しく説明してしまうと、見ていただいた方が興ざめしてしまうかもしれませんので、次回お会いした折にでも…ということでご勘弁。
Commented by katabami03 at 2014-12-02 22:15
>航路さん
流派やキャリアなどとは全く関係のない自由な展覧会ですので、次回は是非ご参加ください。楽しいですよ。
<< 気が付けば師走。 告知。 >>