乱入したのだ。

開催中の「古流松藤会展2014」、ゆっくり拝見したいのはやまやまなのだけれども、自分トコの花展が迫っており、連日朝から夕方まで教室を空けられない。
展覧会場が地元(池袋)なので、失礼を覚悟で生け替え会場に乱入。

d0117565_2222649.jpg


熱気あふれる生け替え会場を、邪魔にならないようにそろりそろりと拝見。

d0117565_22234537.jpg


家元、池田理英先生の作品は、晒しタコクワ主材の造形的な生花。

d0117565_222519100.jpg


先々代の池田理英師を彷彿とさせる作風だが、どこか優しげな風情は当代のお人柄か。

会長、野原理晴先生の作。カチッとした構成の作ながら、その浮遊感が斬新。

d0117565_2232144.jpg


松藤会の技芸員、上野先生と長井先生、共に自身の作品を制作中。

d0117565_22333430.jpg
d0117565_22334941.jpg


こうした有能なスタッフの存在は羨ましい限りだ。

古流松藤会展2014:東京芸術劇場5Fギャラリーにて、10月25日まで開催。



さあ、次はいよいよワシらの番だ。

入魂、です。




 
by katabami03 | 2014-10-23 22:38 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2014-10-25 10:24 x
日曜は会合があってムズなので、月曜に伺います。
週末は多少寒波が入りそうだが、お天気で何よりです。
疲れが取れたら、「迷人戦」やりましょうね!
Commented by katabami03 at 2014-10-25 21:40
>ポ師
有難う、ご無理のないように。
迷人戦、たのしみだよ~ん。

<< 戦闘準備完了。 危うし!キリン堂。 >>