まとめて4件。

今日は豊島区の生け花展の揚げ花(撤収)の日だけれど、夕方まで特に急ぐ用事もなかったので、普段の不義理のお詫び方々、外回りを4件。

まずは電脳友の古川玉萌先生が主宰される「むさしの水墨画展」を拝見。

d0117565_2233258.jpg

d0117565_22101591.jpg


およそ70点の出品。同じモチーフでも個性がでるものだ。白と黒の豊穣な世界を堪能する。

続いて早稲田に向かい、「早稲田奉仕園」にある教会に隣接したギャラリーで開催中の飯尾しづ子さんの個展、「85年のあ・し・お・とー回想展ー」を拝見。

d0117565_22191783.jpg


早稲田奉仕園の教会は東京都の歴史的建造物に指定されている煉瓦造りのおもむきのある建物だ。

d0117565_2222048.jpg


過去に制作された作品のほかに、この天覧会のために制作された作品が目を引く。

d0117565_22241363.jpg


衰えぬ制作意欲に敬服。

引き続き、一駅隣の神楽坂に向かい、草月の水野理美さん中川彩萠さんによる「ねこじゃらしプロジェクトⅤ」を拝見。
ここの会場「AYUMI GALLERY」もとてもいい雰囲気の建物だ。

d0117565_22304722.jpg


室内に設置されたインスタレーションは場の雰囲気にしっくりと合った気持ちのいいものだった。

d0117565_22341680.jpg

d0117565_22343320.jpg


遅めのお昼を済ませて京橋に向かい、月風かおりさんの「風書展」ー世界の人々ーを拝見。

d0117565_2237278.jpg

d0117565_22552189.jpg


月風さんはオートバイでアフリカを縦断したり、モンゴルや南米のギアナ高地に足跡を残しており、どちらかというと秘境的なところを多く旅し、その都度「風書」という独特の概念で描かれた作品を発表してきたが、今回は特に人物にスポットを当てた作品を展示していた。
一見したところ細密画のように見えるが、線の流れや肥痩は書と通じるものだというのが感じられた。

秋の展覧会シーズンは始まったばかり。
by katabami03 | 2014-09-23 22:11 | 展覧会・イベント | Comments(4)
Commented by アート at 2014-09-24 07:49 x
昨日はお忙しい中、ありがとうございました。
お目にかかれて嬉しかったです。
友人たちにも、素敵なりしさまをちょいと自慢できたし。秋本番、お忙しくなられることでしょう。益々のご活躍を・・
Commented by risi@いけばな at 2014-09-24 23:22 x
>アートさん
こちらこそ有難うございました。
いろいろとお話が伺えて嬉しかったです。
水墨画の奥深さをつくづくと感じるひと時でした。
Commented by nageire-fushe at 2014-09-28 11:12
芸術の秋ですね~~~
花作品拝見させていただきました。
流石ですね!
Commented by katabami03 at 2014-09-29 19:00
>nageire-fusheさん
それは存じ上げず・・・、有難うございました。
芸術の秋、たけなわ。毎日のようにどこかで展覧会がひらかれていて、拝見するのは楽しみではあるのですが、重なるとたいへんです。
<< 青春のオーラ 告知、プラス。 >>