台湾の旅-1

古流協会の親睦旅行で台湾に行く。同協会初の海外遠征だ。
と言っても海外というよりもなんだか国内旅行のちょっとした延長みたいな感じで、碌に準備もせずに出発の日を迎えた。

先のハイデラバード行もそうであったが、海外と言っても羽田から行くことができるのは有難い。
余裕を見て6:30頃に家を出る。
空港にて軽い朝食。
全員集合、チェックインの後、飛行機はほぼ定刻に離陸。台風が石垣島近くでウダウダしているので、多少の揺れは覚悟していたのだが、思ったほど揺れず、無事台北の松山空港に到着。

往復共にキティちゃんジェット。

d0117565_21452462.jpg


台北には二つ空港があるそうで、松山空港は古い空港らしく全てコンパクト。
最近の国際空港はロビーやら通路やらを延々と歩かされたり、空港に着いてからもバスや電車(!)に乗ったりと、面倒くさいことこの上ないが、ここ松山は入国審査を終えてから空港ロビーに出て、すぐに車寄せ。昔の羽田みたい。ありがたやありがたやの松山空港!

d0117565_22145470.jpg

d0117565_22142352.jpg


空港から市内のホテルまでなんと30分足らず。
チェックインの後、予定の市内観光に向かうまでに少し時間があったので付近を散策。
台北市内は古いビルも多いのだが、全体の雰囲気は日本ととてもよく似ており、さらに看板などもほとんど漢字で書かれているので、外国という違和感が感じられない。何だこの心地よさは!

実は今回台湾に行くにあたって、ガイドブックを探したのだが、どれもこれも食べ物や土産物ばかり。「他に見るものは無いのかぁ!」というくらいそんなのばっかりだったので、結局一冊も買わず、つまりほとんど予備知識なく、大した期待もなく幹事さんにお任せのお気楽旅行を決め込んで来たのだった。

でぇ、先ず最初に市内最古の寺院「龍山寺」へ向かう。
龍山寺周辺は「華西街」という、東京で言えば浅草みたいなところで、地元のお客さん達で大変賑わっている。

「華西街」のアーケード入口。

d0117565_22204519.jpg


アーケード内には様々なお店がひしめき合っている。

食材店、すっぽん屋、へび(!)屋。

d0117565_22222925.jpg
d0117565_22224183.jpg
d0117565_22225366.jpg


果物屋に額縁屋。

d0117565_22251074.jpg
d0117565_22252049.jpg


日本ではまずお目にかかれない「爪切り屋」。

d0117565_2226688.jpg
d0117565_22262119.jpg


アーケードを抜けた先も下町的な活気にあふれている。

d0117565_22282532.jpg
d0117565_22282641.jpg


ここは台湾だけれども、ジャッキー・チェンの香港映画に出てくる街並みとそっくりだ。

d0117565_22295552.jpg
d0117565_22305100.jpg


さて「龍山寺」に着いた。

おお、見るからにチャイニーズキッチュ(?)なお寺。

d0117565_22321482.jpg


寺院の梁や屋根などの装飾が実に刺激的で見あきることがない。

d0117565_22333063.jpg
d0117565_22335274.jpg
d0117565_22335068.jpg
d0117565_2234132.jpg
d0117565_22341255.jpg
d0117565_22343651.jpg


目につく所は勿論のこと、柱の下部やら窓の桟やら、これでもかというくらいびっしりと装飾が施されている。

回廊のなかに入ると丁度読経が始まったところで、地元の敬虔な信者たちであろうか、お堂や回廊の内外でいっせいに唱和する姿もエキゾチック。

d0117565_2240563.jpg
d0117565_22401732.jpg
d0117565_22405071.jpg


日本の読経とは異なった独特のリズムや抑揚があり、荘厳な合唱を聞いているようであった。

お堂の前には供え物を置くテーブルがあり、様々な果物や菓子などのほかに、小さな花の盛り物も多く供えられていた。

d0117565_2245564.jpg


夕刻には台北101という高層ビルに登る。
2000年代初頭には約10年近く世界一の高さを誇っていたそうだ。

d0117565_22472675.jpg
d0117565_22474724.jpg


建物のデザインは九つの竹の節を模しているそうだ。
内部の下層階は横浜あたりの高層ビル内のような高級ブランドのショッピング街。

d0117565_22502745.jpg


台北は元は湖があったところの水が海の方に流れてできた盆地だそうで、平地部分が広いので建物を上にのばす必要がないのだろうか、香港やシンガポールのような高層ビルが少ない。それだけにこの台北101は台北市内で抜きんでている。
驚いたのはその高さもさることながら、エレベーターのスピード。

展望室から見る台北の夜景。

d0117565_22562698.jpg
d0117565_22564537.jpg


出口付近はどこでも同じ、土産物屋さん。
飛行機の中でも宣伝していたけれど、「綺麗珊瑚」という宝石屋がかなり手広く商売しているようで、長尺70cmくらいの巨大な玉石の白菜が展示されていた。

d0117565_2385287.jpg


これにて初日のコース終了。

台湾、思っていたよりもはるかに面白いぞ。


・・・・・つづく。
by katabami03 | 2014-07-11 23:02 | 旅・山 | Comments(8)
Commented by いとへん at 2014-07-14 03:25 x
わーいいですねー台湾!
私も夫も台湾工芸茶、烏龍、プーアル茶などなどが好きで
飲茶も食べたいし行ってみたいと常々思ってます。今回夏に日本に帰るのですが、台湾経由にしようかと見積もりもとったほどでしたが
いろいろ日程の関係で結局まっすぐ日本です。日本でお会い出来たら
いいのですが。。 そうそう、いまナントの大公城では侍千年という、鎌倉時代からずらーっと数々の美術品など、大規模な展示会をしてるんです。そこに掛け軸の前に生け花を生けてほしいという依頼を受けて
私ごときが生けさせていただきました。(特殊な依頼で人工花で)
10体ほど甲冑が並んでいたりして圧巻です。
台湾、楽しんでください!飲茶にタピオカの飲みものなどおいしいものたくさんですね。
Commented at 2014-07-14 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katabami03 at 2014-07-15 19:09
>いとへんさん
顔立ちは勿論のこと、街のつくりなども日本とよく似ていてとても親しみやすく、食べ物もおいしい。それでいてエキゾチック。期待が少なかった分、嬉しさ倍増。コチラに来る時はご連絡いただけると嬉しいです。

>風うたいさん
往復ともに台風をかすめて、といった感じでした。思ったほど揺れず、帰って気抜け(!)するくらいでした。
食べ物がどれも美味しくて、ガイドブックが食べ物だらけということ、納得。これは食べ物目的のツアーもアリだなと思いました。
今回は台北周辺だけでしたが、もっと他の土地にも行ってみたくなりました。
Commented by いとへん at 2014-07-20 20:53 x
無事に台湾からお戻りになられたようですね。
楽しかったでしょうか。
さて、いよいよ来週の水曜にこちらを出発し、24日に成田です。
ご連絡を差し上げるとしたら、どちらにかけたらよろしいでしょうか。
Commented by 純イチロー at 2014-07-21 20:33 x
私も丁度台北へ行きました。
6月末から7月初めまで。会社仲間との激安ツアーでしたが、三日間観光地巡りで過密スケジュールでしたが、大いに楽しめました。
ただ、湿気と匂いには参りましたが、全体的にはよか道中でした。それとビールが一種類しかないのは悩ましいところです。
Commented by 純イチロー at 2014-07-21 20:33 x
私も丁度台北へ行きました。
6月末から7月初めまで。会社仲間との激安ツアーでしたが、三日間観光地巡りで過密スケジュールでしたが、大いに楽しめました。
ただ、湿気と匂いには参りましたが、全体的にはよか道中でした。それとビールが一種類しかないのは悩ましいところです。
Commented by risi@いけばな at 2014-07-21 23:27 x
>いとへんさん
こちらにメールを頂けますでしょうか。
risi@jcom.home.ne.jp
台風が近づいているけれど、無事なフライトをお祈りいたします。
Commented by risi@いけばな at 2014-07-21 23:35 x
>純イチローさん
おお、行かれましたか。
結構たくさんの人達が行っているんですね。
匂いは余り気にならなかったけれど、暑いですね。いくにしても季節を選んだほうが賢明ですよね。
<< よし、行け! 「レゾン デートル」という言葉... >>