花展シーズン、まだまだ続く。

ここ数日、仕事の合間に花展見学。まとめてご報告。

ロングランの目黒雅叙園(まだやってます)「いけばな×百段階段」。
古流協会のお仲間、理恩会の宇田川さんのロビー作品。

雅叙園の庭の緑を借景に取り込んだあでやかな華屏風。

d0117565_2157813.jpg



日本橋高島屋にて池坊『花の品格』展から。

池坊といえば先ず立花。どれも威風堂々。

d0117565_2212659.jpg
d0117565_2213470.jpg


同じ立花でもこれは新機軸、四方見(360度、どこからでも見れる花)。

d0117565_2225133.jpg


池坊由紀さんの作品、今回はちょっとファンタジックな感じ。

d0117565_22154281.jpg

d0117565_2254185.jpg


家元、専永先生は会場内に和室を再現して。

d0117565_228132.jpg


これは立花新風体と呼ばれるジャンルの作品。

d0117565_2294660.jpg


池坊の自由花は軽やかで透明感のある作品が多い。

d0117565_22111370.jpg
d0117565_2212216.jpg
d0117565_22115812.jpg
d0117565_221377.jpg

d0117565_22165566.jpg


重鎮、戸内先生は立花の名手でもあるが、今回は存在感のある自由化を展示していた。

d0117565_22191665.jpg



いけばな「きらら会」の30周年記念展から。
きらら会は和紙や水引を用いて、ラッピングのような方法で花入れを作り、そこに花を挿すという独創的なスタイルを持っている会だ。

d0117565_22232490.jpg
d0117565_2225835.jpg
d0117565_2224122.jpg


主宰者の河田先生の作品。

d0117565_2226123.jpg


今展では和紙を用いない作品や造形的な作品も楽しめた。

d0117565_22262564.jpg

d0117565_22272866.jpg



帝国華道院という団体があるが、そこの研究部が年に一度開催している作品展。

会場は有楽町の交通会館地下にあるゴールドサロン。

d0117565_22293182.jpg


前会長の関江先生の生花。

d0117565_2231613.jpg


自由化も華やか。

d0117565_22314056.jpg


壁面を利用した作品に佳作が見られた。

d0117565_22321897.jpg
d0117565_22322843.jpg



雅叙園の花展(自分の担当週)が終わって少しは遊べるかと思ったが、なんだかんだと雑事が続く。
体調もいまだに本調子とはいえないし、ああ、屋外では何をするにも一番いい季節だと言うのにストレスがたまりそう。
小出しにしないと、自分のことながら反動が怖い。
by katabami03 | 2014-05-11 22:38 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2014-05-12 20:27 x
昨日は所属する盆栽会の『セリ会』
プロ(業者)・アマ混在のオークション♪
木・野草・鉢・添配・卓(台)・水石等。
セリ子につられ価格が上がり・・・落札w
数百円~数十万?、安くても声がなかったり
高値でも、出品者がOKしなければ「ヤマ」(引込め)

朝8時~夕方、昼食を挿んで50人以上が盛り上がる。
開始前に、自分好みの品に目を付けて・・・
やはり皆も目利き、良品は思いの外、↑↑↑
でも、自分流の着眼で、隙間狙って安く落とす!
しかし、これだけではない。
「この辺までかな?」と思った品が、何倍も?
「大したことない」と思った品が、こんなに上がる?
ここらが真骨頂・・・勉強です。
やはりプロや先達は、素材として「化ける可能性」を知ってる。
これが解るようになって一人前?

昨日で驚いた一品・・・懸崖というよりフラフラの枯れかけ
幹から「皮一枚」で伸びた枝に、妙に生気のある葉
園芸店や普通の家庭なら『ゴミ』

それがセリ台に乗ったとたん・・・皆が「味だね~」(笑)
結果は2万円・・・買ったのは有名盆栽店主。

でも「いけばな」だと、そいうい作品も多いよね。
もっともっと・・・勉強しなきゃ・・・わびさび?


Commented by katabami03 at 2014-05-12 22:47
>ポ志
趣味も高じてくるとカルトの世界に近くなってくるようだね。
盆栽もいけばなも人に危害を加えるものではないので幸せな世界だね。
<< シンガポール人に教えられて。 我が家の畑。 >>