横浜を堪能。

横浜名流華道展を拝見。
毎年ご案内を頂いているのだが、ここ数年不義理が続いてしまった。

会場入り口正面、先ずは我らがエース、日向先生のお作がお出迎え。

d0117565_21533970.jpg


いかにも草月、いかにも小原という作品が並んで。

d0117565_21545075.jpg


私たち古流とは少し生け方が異なるが、牡丹をこの器に生けることを考え付いた古人の感性にはまさに脱帽。

d0117565_2157513.jpg


花材と器との取り合わせの妙味。

d0117565_21591971.jpg
d0117565_21593391.jpg
d0117565_21594130.jpg
d0117565_215951100.jpg


古流の長島先生も古典花でご健闘。

d0117565_2205138.jpg


今回は第2次展だったが、全体草月と小原の作品に佳作が目立った。

せっかく横浜まで来たのだからと、お昼は中華街に行く。

d0117565_2242968.jpg

d0117565_22162123.jpg


数年前から、中華街は千数百円で食べ放題のブッフェスタイルの店が増えて、若いおにいさん達があちこちで客引きをしている。若い頃だったら迷わずそういう店に入ったであろうが、もう少し落ち着いて食べたかったので、カンだけを頼りに「廣新楼」というお店に入り、リーズナブルなコース料理を注文。
結果、ドンピシャの大満足。

食後に少しブラつく。

d0117565_22233810.jpg


満腹なのにゴマ団子などを食べながらフラフラ歩いていると、所々新しいお店が出来ていたりして何となく時の流れを感じてしまった。

で、結局またこんなものを買ってきてしまった。

d0117565_22243494.jpg

by katabami03 | 2014-04-11 22:26 | 展覧会・イベント | Comments(6)
Commented by 航路 at 2014-04-12 13:23 x
お元気になられて良かったです。横浜の華道展は都合がつかず拝見出来ませんでしたが、ブログでちょっと見られてラッキーです。
チケットをありがとうございます??
Commented by ポンちゃん at 2014-04-12 15:33 x
以前より熱心に花展を拝見するようになり・・・
貴兄にエッセンスを教えてもらってるせいか・・・
だいぶ見方が変わってきたような気がします。

盆栽士としては、前は古典の「振り」に感心したのですが・・・
最近は、複数のバランスが面白く感じます。

先日、我が盆栽会の展示会の折に・・・先輩と「作」の話。
「寄せで・・・柔らかい曲の木と、草を浅鉢に入れてみたい。」
と申したら、「そりゃ、生け花っぽくて良いかもね。」と言われた。

気が付かないうちに、影響されてるのね~( ..)φメモメモ
Commented by nageire-fushe at 2014-04-12 21:02
花展の花はやはり違いますね!!
すばらしいです。ぼたん籠に牡丹・・まさにまさに。
いいですよね~~~。書院に似合う花ですね!
Commented by 風うたい at 2014-04-13 01:58 x
横浜の食と街歩き✨ お身体が回復されてなによりです。
野山の春をいけこんだ華道展の作品、どれも素晴らしいですね。
線の柔らかさと彩りの清々しさが際立つ構成、器の選び方にも新鮮な驚きがあります。
5月には、理司さまの公開制作を拝見させていただくのを楽しみにしています。ありがとうございました。
Commented by 風うたい at 2014-04-13 02:14 x
↑ 5月でなく、4月(21日)ですね。失礼しました。
Commented by katabami03 at 2014-04-14 22:22
>航路さん
花展見て歩記、出来るだけアップしたいのですが、忙しい時はついつい怠けてしまって。でも楽しんでくださる方がいるのは励みになります。これからもアップしていきますね。

>ポ師
いい影響ならいいのだけれど、悪影響を与えないようにしなければ。
どこで誰がどんなふうに見ているか・・・そう思うと生けるときも気が抜けないね。

>nageire-fusheさん
温故知新というけれど、やはり器選びなどの時には古典図をよく見ます。どんな器にどんな花を入れているのか。そのコピーではなく、そこにさらに自分らしさを加味出来たら・・・。

>風うたいさん
いまだに自分の体ではないような部分もあるのですが、もうそんなことは言っていられません。
公開制作、ギャラリーが多いと燃えます。あとは後悔制作にならないように祈るばかりです。
<< 花展×2。 意外と逞しいのだ。 >>