ダイヤモンド富士。

年末の雑事(といっても来年の準備が主だが)を片付け、教室の掃除をしての帰路、ひょっとしてダイヤモンド富士が見れるかもしれないと多摩川の河川敷に行く。

いつ来ても気持ちのいい、だだっ広い空間。
日没にはまだ少し間がある一時、空には季節外れの秋の雲が。

d0117565_2057935.jpg


大分日も傾いてきた。
ダイヤモンド富士にはまだ少し早かったか。

d0117565_2131646.jpg
d0117565_2124637.jpg


ご覧のように日没地点は宝永山の少し上の辺り。この地点から見て、富士山のてっぺんに沈むのはまだ数日を要するようだ。

故知らず祈りたくなるような日没後の光景。

d0117565_2191515.jpg


一日がつつがなく終わる安堵と充足感、そして一抹の寂寥。
この美しい国に生まれたことにたいする限りない感謝の念。

あ、念のため断わっておくけど、あの頓珍漢の宰相が言う「美しい国」とは違いますから。断じて!
by katabami03 | 2013-12-30 21:17 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2013-12-30 23:07 x
美しいシルエットですね! 闇に包まれるまでのひとときの夢。今その瞬間が永遠であればと願いたくなります。静けさと荘厳さを内に秘めた富士の姿はやはり魅力ですね。自然がつくり出す美しい形の前にぬかづきたくなります。素敵なお裾分けをありがとうございました。
Commented by katabami03 at 2013-12-31 21:49
>風うたいさん
大らかな自然を目にするとき、しばし世のなかの些事をわすれることができますが、それとともに新たな力を頂けるような気がします。古人が西の空に浄土を見たのもうなづける、そんな光景です。
<< 2013年の大みそか。 さて、どんな味になるか・・・。 >>