「孝行をしたい時には親はなし」だな。

年末~新年にかけて、新宿駅の地下(ルミネエスト)で「大地の芸術祭の里」が出店を出すそうで、そこにお友達の仙波由季子さん達が、妻有で制作した藁アートを展示するというご案内があったので行ってみた。

d0117565_2252082.jpg


出店はあるにはあったのだが、藁アートらしきものは見当たらない。
お店の傍らでチラシを配っていた人(子ヘビ隊とのこと)に尋ねたところ、展示されるのはお正月からだとのこと。
なあんだ、そういうことだったのか。まあ近いから又くればいいや。
せっかくなので年越し蕎麦用にお蕎麦を買って来た。

d0117565_22553954.jpg


その後、今日は死んだ父親の月命日で、正月も近いので掃除を兼ねて墓参りに行った。
場所は新大久保。お寺は韓流ショップに挟まれた中にある。

d0117565_22583326.jpg


お寺の中から外を見るとこんな感じ。

d0117565_22593215.jpg


墓地はアパートや雑居ビルに囲まれていて、風向きによっては焼き肉の匂いが漂ってくるという、考えようによってはシュールな空間だ。
お墓と周りを小ザッパリとさせて帰路に就いた。
by katabami03 | 2013-12-28 23:18 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by nageire-fushe at 2013-12-29 09:16
街はすっかり、歳末ムードですね。
新しき年を迎えるべく活気に溢れて良きものです。
今年もありがとうございました。
良き新年をお迎えくださいね!
Commented by katabami03 at 2013-12-29 21:42
>nageire-fusheさん
こちらこそ、いいはなをたくさん見させていただき有難うございました。
どうぞ佳いお年をお迎えください。
<< さて、どんな味になるか・・・。 外飲み納め。 >>