歳時記なので。

今朝もまたキンと冷えた。
昨日の雨が残した湿り気で、舗装路にも霜が下りていた。

d0117565_1530851.jpg


足を取られるほどのこともないが、寒気が身に染みる朝、日陰はどこを見ても霜、霜、霜。

d0117565_14523138.jpg


草木や枯葉に付いた霜はどれもこれも見飽きることがない。

d0117565_14524531.jpg
d0117565_14525657.jpg


私が子供のころ、都内の冬の気温は丁度今のこの辺りと同じくらいで池には氷が張り地面の霜柱も見られたが、こういった霜は見た記憶がない。

バスを待つ間もこんな者たちがしばし寒さを紛らわしてくれる。
ちょっと田舎に住んでいる特権だな。
by katabami03 | 2013-12-21 14:47 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 一陽来復。 なんだかんだ言いながら欲しかっ... >>