酒量が減ってなぜかおセンチ。

「いけばな仲間の忘年会」に行って来た。
もう30年くらい続いている恒例の集まりで、ここ何年か有楽町などでもひらかれたのだが、基本的にはず~っと浅草界隈で行われていて、今回も浅草で開催。
懐かしい顔や新顔など総勢5,60名もそろったろうか。気の置けない仲間たちと楽しい一時を過ごした。
帰りがけに豊田から来たFの会の仲間のかとうさとるさんとお寺に立ち寄る。

d0117565_061168.jpg


以前は2次会3次会・・・延々と続いて、電車がなくなってもだらだらと飲み続けていたのだが、今日はおとなしく散会した。

最寄りの駅に着いたのは12時少し前でバスが停まっていた。11時を過ぎると料金が倍になるのだが、かなり遅くまで運行してて、よくこれにのって帰ったものだ。
最近では面倒なのでタクシーに乗ってしまうことが多いのだが、以前に少しばかり生活を切り詰めている時は、このバスの存在は有難かった。

d0117565_0181185.jpg


バス停からは両脇が畑の中の道を歩く。

d0117565_0194682.jpg


この薄暗さ、なぜか気に入っている。
昨夜、一昨夜と見事な月夜で、冬の星座を見上げて星の名前を思い出したり、月が映し出す自分の影を見たりしながら帰った。
今夜は生憎の曇り空だったが、酔った体に寒気が心地よかった。一瞬だが、昔瀬戸にいた時に陶房から下宿先に帰る夜道を思い出した。
by katabami03 | 2013-12-17 00:37 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< なんだかんだ言いながら欲しかっ... 花展もそろそろ打ち止め。 >>