5時間半の展覧会。

いけばなインターナショナルのフェアーに参加。
ちょっと早めのクリスマス会といった趣の催しだが、いけばなの展覧会も併催されているので、時間がある年には出品している。
こちらは花展会場の一部。

d0117565_2152051.jpg


ホテルの宴会場が仮設会場なのでご覧のような派手な床。
っていうわけで、今年は背景のある場所を希望したのだが・・・。

拙作は。

d0117565_2154187.jpg


テーブルの中央に置くとちょうど後ろのドアの取っ手が花にかぶってしまうので、ちょっとだけ右にずらして撮影。

午前10時に開会、午後3時30分には終了という、まことにもって贅沢な展覧会だ。
デパートでの展覧会のような宣伝はほとんどないのだが、この催しを楽しみにしている人も多いとみえて、毎年盛んな賑わいを見せる。
普段ご無沙汰している他流他会の友人知人にお会いできるのも有難い。

展示した花を家に持ち帰って生け直す。

d0117565_2232498.jpg


床の間もなく、まともな花器も置いていないのでこんな感じ。

この会が終わると今年も残すところあとわずか、といった思いがする。特に多忙なわけではないのだけれど、気持ちがもう来年のアレやコレやに飛んで行ってしまって気ぜわしいことこの上ない。

取り敢えず目先のことを一つづつ片付けながら・・・。
by katabami03 | 2013-12-10 22:12 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< 花展もそろそろ打ち止め。 いよいよ冬。(高崎物語54) >>