やったね、優さん。

少し前に告知した友人の個展を拝見。

「成瀬優 染色作品展」

先ずは会場となっているギャラリーがある建物が目を引く。
四谷近くの住宅街の真ん中に突如現れた中世欧州城郭風建造物・アートコンプレックスセンター。

d0117565_21503764.jpg


地下のギャラリーはかなりの広さがあり、正面の奥に先ず『百色百反』と銘打たれた、反物によるインスタレーション。

d0117565_21533188.jpg


色の変化もさることながら、近くで見ると生地が一様ではなく、薔薇や音楽(音符や楽器)、正倉院文物などなど、オリジナル模様が織り込まれているものなどがあり、好みの生地に好みの色を染めることができるらしい。

d0117565_2203986.jpg


今回個展を開くにあたって、作品制作には2年を費やしたとのこと。

d0117565_22234100.jpg
d0117565_2222573.jpg


従来の着もののイメージをくつがえすような色遣いやデザインは実に斬新。

d0117565_2284331.jpg
d0117565_2293613.jpg
d0117565_229522.jpg
d0117565_2295362.jpg


古い友人の活躍は何よりの刺激であり励みになる。それとともに、こんなカッコイイ着物なら着てみたいものだ。
男物の生地を染めてもらおうかなあ。
by katabami03 | 2013-11-29 22:14 | 展覧会・イベント | Comments(3)
Commented by 風うたい at 2013-11-30 00:55 x
エクセラント! 思わずため息がでるような素晴らしさですね。
街角に突如現れた洋館は夢の入り口、漆黒のグランドピアノにかけられた青の反物も美しく、空間に彩り豊かなハーモニーを奏でているようです。『百色百反』、魅力満載ですね。黒の着物、きっとお似合いと。
Commented by ポンちゃん at 2013-12-01 12:12 x
着物は大いに結構だが、この感じは相当目立ちそうだぞ。
そうか!! ブルースから、演歌へ移行するのか?(笑)

デビュー曲は 『男の華道』  わしゃ、CD買わんぞ~(爆笑)
Commented by katabami03 at 2013-12-01 21:57
>風うたいさん
そうだ!黒地ですよね。
う~ん、なんだかワクワクしてきました。
カッコイイ着物、ほしいなあ~。

>ポ師
ははは、そっち系じゃなくて、いけばなデモ用のステージ衣装だよ。
<< 三昧と言ってしまうには厳しい。 椎名町。 >>