暖かな朝。

早朝に長男を駅まで送った帰り路、畑の中の道を通るとうっすらと靄がかかっていた。

d0117565_2217208.jpg


頻繁に山歩きをしていたころは霧や靄は特に珍しい事ではなかったが、東京で靄に遭遇するのはいつ以来だろう。
この辺りにはまだ畑や雑木林がのこっているので、気候条件によって靄も発生するのだろう。

秋らしくない光景だけれど、これだから自然って面白い。
by katabami03 | 2013-11-26 22:38 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 椎名町。 常識って何だ。 >>