終わりは次の始まり・・・か。

『古流かたばみ会展』本日無事に終了いたしました。
ご来駕いただいた皆様、有難うございました、厚く御礼申し上げます。
ご来場叶わぬかった皆さま、ご声援多謝。次回、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

8月に開催された『彩花展』では絵にかいたような(?)几帳面な生花を生けたので、今回はちょっとくだけた生花を試みた。
今回は生花(古典花)にトライ。コンセプトは自然、だ!

d0117565_22544074.jpg


生花は『型』の制約があるけれども、その中でどれだけ自分のオリジナリティーを表現できるのか、そんな楽しみがある。

さて次はどうしようか。
どこまで崩せるのか、そこを追求していこうか。あるいは逆に、とことん几帳面な生花をいけてみようか。
一つ終わると、またあれこれかんがえてしまうのだわな。
by katabami03 | 2013-11-04 23:17 | 展覧会・イベント | Comments(5)
Commented by 風うたい at 2013-11-05 02:23 x
ご盛況おめでとうございます。
今回伺えず、まぢかに作品を拝見できなかったことが、大変残念です。
今後も素敵な作品に出会えますように、期待しております。

Commented by ポンちゃん at 2013-11-05 09:35 x
さすが!入魂(嬉) 写真では解らんエネルギーがありました。
古典の制約の中でも、貴兄の自然観、優しさが見えた気がします。
何事も、崩せるのは・・・揺ぎ無い「軸・本質」があるゆえ。
さすがです。芸術家として、人としても、達成が近いのか?
長年の友人として、羨むばかりか、頭が下がります。

そもそも、自生花樹を見て「美しい」と感じるバランス・・・
そこから、無駄を削ぎ落としたエッセンスのみが古典の形?
素人の小生は、勝手に理解しておりました。(勘違い?ご容赦!)
正三角は完璧な形なれど、なぜか人は逆に面白く感じない。
不等辺三角形にこそ、惹きつけてやまぬ魅力がありますね。

『完全・完璧』よりも、少し変わってる方が安心できる。
人もまた、多少は『フラ(落語用語)』があった方が親しみがあります。
「遊び」とゆうより・・・「ゆとり」が必要なんでしょうね。

できれば・・・屋外で、ビルくらいデ~ッかい!! 作品が見たい!
隣のビルから、鑑賞します。(笑)  予算は・・・知らない!(爆笑)

Commented by katabami03 at 2013-11-05 23:47
>風うたいさん
いつもお気遣いいただき有難うございます。
展覧会の折にはまたご案内させていただきますので、懲りずにお付き合いください。

>ポ師匠
先達の作品では現物も写真もシッカリしているものがあるわけで、写真で弱く見えるってことはやっぱり何か足りないんだろうなあ。
精進精進。
Commented by サウスポー at 2013-11-06 17:13 x
ご盛会おめでとうこざいます
Commented by katabami03 at 2013-11-07 22:58
>Yちゃん
ご来駕有難う。
いろいろとあったようだけれど、また飲も!
<< 濃けりゃいいってものでもないけれど。 いよいよ明日からです。(再告知) >>