万物の霊長?・・・うそでしょ。

田舎と言えるほどの田舎ではないけれど、今住んでいるところは、まだまだ小さな自然がそこここに息づいているところなので、四季折々、新たな発見や楽しみが尽きない。

今朝バス停に向かう道すがら、以前に紹介した「子の手柏」の苗木の畑で見かけた棚蜘蛛の巣はちょっと感動モノ。

d0117565_2145304.jpg


まるで吊り橋のような見事なブリッジを作っている。
よく見ると、上に渡した糸が下の棚を支えているという驚きの構造。

別の場所にあったのは、密生した木々の中では割とよく見られる巣のパターンなのだが、これもよく見ると、何本かの糸で上から張られている様子が分かる。

d0117565_21541583.jpg


レインボーブリッジとか、明石海峡大橋とか、人間もスゴイものを作るけれども、蜘蛛は何の道具も使わずに、たった一匹でこんなものを作ってしまう。
はたして人間と蜘蛛とどっちがエライのか、考えてしまう・・・。
by katabami03 | 2013-09-20 22:02 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)
Commented by うさぎ at 2013-09-21 00:28 x
うそです!
万物は違っているだけでどの生物がエライとか、差をつけるのはおこがましいとかねがね思っています。蟻とか蜂のような複雑なことはできないし鳥のように空も飛べない。他の生物に人が捕まって1本の棒に両手両足をくくられたら(猪なんかにするように)どんなにか苦しいだろう・・なんて、ヘンなことを考えたことも!! 
Commented by 風うたい at 2013-09-21 01:36 x
みごとな蜘蛛の巣、横にどう張るのかしら? しかも二重構造、不思議です。木立の多い犬との散歩道にもたくさんの蜘蛛の巣があって朝露をのせて光っていて見惚れてしまいます。縦型だったり、蔓と蔓のあいだ、生垣の上、変幻自在、繊細な張り方に驚きますね。そもそも「万物の霊長」という言葉に疑問符です。
Commented by risi@いけばな at 2013-09-21 21:17 x
>うさぎさん・風うたいさん
フクシマ、人間の奢り高ぶりの結果をまざまざと見せつけられる思いです。
にも拘らず、誰一人責任を取らない(取らせない)し、さらに原発セールスマンは世界にむかって平気で嘘をつくし・・・早くこの悪夢から解放してほしいものです。
<< 展覧会シーズン真っ盛り。 えらいトマト缶。 >>