夏の名残り。

ようやく涼しくなったと思っていたら、ここ数日はまた暑い。
とはいえ朝夕は過ごしやすくなった。飯もうまい!

夏の間緑陰を与えてくれていたゴーヤと胡瓜も、半分くらいは枯れ葉になって、そろそろ取り去るころ合いか。

d0117565_23452854.jpg


夜にグリーンカーテン全体にびしゃびしゃに水をかけておくと、いくぶん涼しい風が入ってくる。
寝苦しい夜もこれのおかげで随分助けられたものだ。

実利を兼ねた生活の知恵。もうしばらく名残りを惜しんだら、また来年までしばしのお別れ。
by katabami03 | 2013-09-13 23:51 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by nageire-fushe at 2013-09-14 10:09
障子に映る影がいいですね~~
植物はありがたいです。
Commented by katabami03 at 2013-09-15 23:32
>nageire-fusheさん
この場所は午前中しか陽の当らない場所なんですけど、午後、お隣の窓ガラスに映った陽が反射して作りだした影なんです。
どうということのない写真ですけど、生活者にとっては幻想的な光景でした。
<< 秋色の先取り。 棕櫚を生ける。 >>