走った、食べた。

今年も行ってきました『ツールド妻有』。

相変わらずキツかったけれど、昨年よりも少し自転車の乗り方を覚えたことと、一部変更はあったものの、コースの概要が分かっていたことで、前回ほどのダメージはないようだ。
それから、昨年は途中のエイドステーション(休憩所)で、食べ物をあまり食べれなかったけれど、今年はいろいろと楽しませていただいた。

公式のエイドステーション(AS)は「ベルナティオ」と「農舞台」と言うところの二か所だが、その他にも協賛する沿道の集落が自主運営するエイドステーションが数カ所ある。

日の出と共に参加者が集まってくる。

d0117565_2223891.jpg


スタート間近。ちょっとした昂揚感。

d0117565_22244172.jpg


どこのASでも、おにぎり、スイカ、トマト、キューリ、いろいろなお漬物などが供されるが、各ASならではの食べ物もあり、これがお楽しみの一つ。
「ベルナティオ」はスタート地点からは比較的近い地点にあるので、まだおなかが空いていないのだけれども、ここでは昨年同様に草団子を頂く。

d0117565_2229421.jpg
d0117565_2230894.jpg


「坪山峠」のASは名物、大鍋で炊いたパエリヤ。

d0117565_2233223.jpg

d0117565_22333461.jpg


昨年は喉を通らず悲しい思いをしたが、今年はシッカリ食べてきた。

川西からの激坂を登りきった頂上ではガリガリ君。

d0117565_22361542.jpg


「農舞台」では妻有そば。手打ちそばではないけれど、ちゃんと氷水で〆て、歯ごたえ十分。

d0117565_22381573.jpg

d0117565_22475767.jpg


ここでは蕎麦のほかに、おにぎり、10種類くらいのお漬物、鳥のから揚げなどがお楽しみ。
から揚げ、昨年は疲れて手が出なかったけれど、今回はシッカリ食べてきたぞ。

あんなに飲み食いしてもお腹をこわさないのが不思議。



d0117565_224944.jpg



昨夜は爆睡したが、本当の疲れはこれから出てくるのだろうか。
早く寝よ~っと。
by katabami03 | 2013-08-26 22:53 | 展覧会・イベント | Comments(3)
Commented by 風うたい at 2013-08-27 07:07 x
今年も「よした!よした!」をいただけたのですね。食を楽しみながらのご快挙素晴らしいです。青空の下、黄色いユニフォーム姿で疾走される勇姿が目に見えるようです。
妻有はもう秋の気配ですね。お疲れをもちこさないようお気をつけて、よい日日を!
Commented by みさき at 2013-08-27 13:13 x
完走おめでとうございます。
あっ、完走より完食の方かな(^-^)
Commented by katabami03 at 2013-08-27 21:52
>風うたいさん
はい、今年もなんとか完走出来ました。
今年は昨年のようなダメージはないみたいです。
それよりも、早く仕事モードに切り替えなければ・・・。

>みさきさん
はい、ご明算。
でも地元のおもてなしはハンパなく手厚く、完全制覇はかなり厳しいっすね。
心残りは来年まで持ち越して。
<< た、魂が・・・。 鳥の目虫の目。 >>