ナスとカボチャの幸せ。

以前より少しペースは落ちたものの、相変わらずキューリはポツポツと収穫がある。
ここにきてゴーヤが収穫期を迎えている。(・・ってことの程でもないが)

ゴーヤとキューリの混生状態。

d0117565_2128926.jpg


ゴーヤとキューリが並んでぶら下がっているのを見て、そう言えば昔、武者小路実篤さんと言う人がいて、色紙にナスとかカボチャとか描いていたのを想い出した。
若い人にはなじみがないと思うが、武者小路実篤さんと言う人は明治時代の白樺派の人で、risiが若いころはまだ生きていたんだ!
件の色紙にはそれらの絵に「仲良きことは美しき哉」なんて文言が書かれていた。
この色紙、食事処や飲み屋、はたまた友達の家とか親戚の家とか、結構いろいろな所で見かけたものだ。
仲良きことは・・・・・、まあそう言われちゃあ否定のしようがないわけで、それにしても随分とお気楽だよなあ、と(幼心ながら?)思ったものだ。

実篤さん、いつの間にかお亡くなりになっていた。(あったり前だよね、明治だもの。)
その後、あれほど市中に出まわッていたナスとカボチャの幸せもいつの間にか見かけなくなった。←ホント、最近全然見ない。

キューリの浅漬けを頬張りながらそんなことを考えているうちに、唐突にジョーン・バエズが聞きたくなった。

『ナズはどこへ行ったの』


・・・・・ってか。
by katabami03 | 2013-07-26 21:51 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)
Commented by ポンちゃん at 2013-07-27 10:08 x
我家は今年は「ナス」が好調♪ たった1本で、既に10個近く収穫。
ゴルフ帰りのJAで買った『接ぎ木、殺菌済み苗』が良かった。
ホームセンター物と格段の差。価格も250円程度で元が取れる。
そろそろ「元切り」の時期、過酷のようだが秋用の新枝出しをさせる。

同時に買った『ミニトマト、中球、赤&黄』も実付き良く甘い。
葉物は、「サンチュ」が毎年便利。下から千切って使える焼肉部隊w
かなり長く新鮮に収穫でき、マーケットのパック価格がバカバカしく
感じる量が取れます。
中華で使う『空芯菜』も、味良く、切っては伸びなので最高!
種蒔き物で、芽出しも良いので簡単に育ちます。
ただし、種がこの名称では売られていない。(教えない・・・笑)
フライパンに、油と少量の水&塩コショウ、サッと炒めがGOOD!

他には、縮緬紫蘇やバジル、イタリアンパセリなんかも細々と。
ブルーベリーは、今年も惨敗・・・・・10粒は悲しいw
ウチは庭がないので、全部ポットか鉢・・・限界あるのよ。
堆肥や手入れで工夫してるが、やはり決定的に土が浅いからね。
周りのマンションのせいで、日照も午前中いっぱい。
まぁ、そんな環境としては、善戦してる方かな~www
Commented by アート at 2013-07-27 11:51 x
茄子とかぼちゃは画材にしております。武者小路先生の絵とは違いますが。私が10代の頃出席した帝国ホテルでの結婚式、武者小路先生が仲人だったのですよ、その頃でも歴史上の人物くらいに思ってたのでびっくりしました。車椅子でした。

今年の秋の展の案内状は茄子です。印刷出来たら送らせていただきます。
Commented by katabami03 at 2013-07-28 23:00
>ポ師匠
いや~、マメだねえ。
しかしまあ、野菜作りは育てる楽しさ+実益。
今日も我が家では自宅育ちのキュウリをお昼に塩揉みして食べました。

>アートさん
うわ~、偶然ですね。
ナスの光沢とか色の深み・・・墨だけでどのような表現になっているのか、いまから楽しみです。
<< 夕立が来るぞ! ハマるほどの事ではないが・・・。 >>