ラスク、ラスク。(高崎物語49)

先月高崎に行った折、行きの車中からボケ~ッと外を眺めていたら、高崎駅のすぐ手前にガトーフェスタハラダの新しい巨大な建物が建っているのでビックリした。
高崎線からは、もう少し東京寄り、高崎に向かう途中の神流川を渡った先の右手にガトーフェスタハラダの建物があるのが認められる。その建物も結構な大きさなのだが、それをさらに二回りくらい大きくした建物だ。

d0117565_22132954.jpg


同店については以前にも少し触れたことがあるので調べてみたら、『高崎物語』の第8回目に書いてあった。
当時はまだそれ程有名ではなかったが、その後あれよあれよという間に全国区に成長してしまった。

写真は上り線からみた光景。下りは建物のすぐ横を走っているのでその大きさにはちょっと圧倒される感じ。
「群馬の舞茸」と並んで、宣伝効果抜群だ。
さながら『ラスク御殿』とでも言った趣。
by katabami03 | 2013-07-14 22:28 | 高崎物語 | Comments(0)
<< クリフハンガー。 たかがスタンプ台ごときで。 >>