取り敢えずあと二日。

3月から始まった目黒雅叙園での『いけばな×百段階段』展も残すところあと二日間。
現在出展中なので毎日あたふたと忙しない日々を送っている。

今週の迎え花、清涼感溢れるなげいれ花は岡田広山先生作。

d0117565_22174344.jpg


自分の作品もアップしたいのだけれど、雅叙園からのシバリがあって今は無理。後日乞うご期待!



当初はこの展覧会に参加する心算はなかったのだが、今回出品した流派、会派の展示を見て、また自身が出品してみて振り返ると、これはなかなか有意義な展覧会であったと思っている。

「百段階段」というたいへん癖の強い空間に対していけばながどのような方法でそれに対処していくのか。いけばなが息づく空間とはどういう所なのか・・・、今展ではいろいろと考えさせられ、収穫の多い展覧会であった。(まだ終わってないけど)
by katabami03 | 2013-05-17 22:48 | 展覧会・イベント | Comments(9)
Commented at 2013-05-18 20:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by risi@いけばな at 2013-05-18 23:10 x
連日沢山のお客様にご来駕いただき、感謝感謝の毎日です。
あいにく土日は仕事で会場に詰めていることができず申し訳ありません。
事情お汲みとりの上、今後ともよろしくお願いいたします。

risi@いけばな 拝
Commented by nageire-fushe at 2013-05-19 11:38
拝見しに行きたかったですが・・・
残念にもいけそうもありません。
大きな空間に作品を造り上げる。
自分には難しい事です。
Commented by 風うたい at 2013-05-19 22:19 x
昨日伺いコメントをさせていただきましたが、なぜか非公開コメントになっております。届いていればいいのですが。
伺い、華麗な作品を拝見できて大変幸せでした。
Commented by katabami03 at 2013-05-19 23:16
>nageire-fusheさん
ああ、それは残念。是非また次の機会に。

私が思うには、大きさはただ慣れの問題だけかと。
バランス感覚というのは作品の大小とは関係ないように思っているのですが・・・。
あ、あと、デカい作品を作るのはちょっと快感でもありますね。

>風うたいさん
拝読いたしました。わざわざご足労いただき有難うございました。
今回はご覧いただいたような特殊な空間でしたけれど、いけばなってやはり和の建築が相応しのかなあ、と感じる展示でした。
そんな訳で今回は凄く勉強になったけれど、ここに閉じこもるのではなく、ワールドワイドないけばなをこれからも追及していきたいと思っています。
Commented by at 2013-05-20 14:44 x
いろいろな流派が季節を変えながら1つの同じ空間にいろいろな解釈で挑んでいるのが楽しかった花展でしたね。
Commented by katabami03 at 2013-05-20 19:21
>福さん
どこの流派も、水を得た魚のように生き生きとしていましたよね。
百貨店での展示とはひと味もふた味も違う展覧会でした。
Commented by kusanomi at 2013-05-21 11:44 x
お疲れさまでした。

趣向を凝らした部屋に対応する各御流派の姿勢が興味深く、楽しく拝見させて頂きました。
場を得て初めて表現される作品という観点は、通常の花展ではなかなか難しいことが残念ですね。

最上階のオオトリのお部屋へ向かう雅叙園の階段は、日頃スポーツで鍛えておいでの先生にとって筋トレ効果もあったのでは?!
Commented by katabami03 at 2013-05-21 21:51
>K先生
有難うございました。
正に筋トレ・・・っていうか、修行僧のよう。
<< うひょひょ~い、こごみ。 今年の畑。 >>