バイオちゃん。

カミさんがどっかでスゴイほうれん草を買って来た。
どれほどスゴイかというと・・・、コレだっ!

d0117565_21254260.jpg


ちゃぶ台の直径が70センチ以上あるので、その大きさが想像されよう。

普通のほうれん草は丸ごと茹でるが、これは大きすぎて鍋に入らないので予め切ってから茹でる。
大きい株は全部茹でるととんでもない量になるので、白菜のように根元で一枚一枚必要量だけ切って使う。

普通のほうれん草が丸ごと大きくなったような状態ではなく、ザックリ言えば茎の部分が異常に伸びたほうれん草って感じ。で、気になるお味は・・・ほうれん草の味、っだ。強いて違いを見出すとすれば、茎が長く且つ太いのでクウシン菜をちょっと柔らかくしたような感じ・・・ってとこかな。

バイオテクノロジーっていうの?10年くらい前から、この発達によって花卉の世界は日進月歩。
いけばなの世界に身を置いていながら、新しい花が次々に出てきて一々名前を覚えていられないような状況だ。
食の世界でも遺伝子操作によって巨大な虹鱒などが生まれていると聞く。
このほうれん草も多分その流れの中から生まれてきたものなのだろう。
これらの食物は一応安全だと言われているが、正直なところワシのような文系の人間には一抹の不安が付きまとうのだな。
先がそれほど長くないワシらはいいが、こども達に食べさせるには・・・う~ん、積極的に食べさせたいとは思わないなあ。

日本はこれから人口が減っていくらしいが、世界的にはまだまだ増えていくらしい。
これらの技術が来るべき人口増加の救世主となれば素晴らしいことではあるのだが、今はまだ人体実験をしているような、そんな気持ちがぬぐい去れないのだな。
by katabami03 | 2013-04-29 22:13 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2013-04-30 11:01 x
最近、巨大な法蓮草が出回っていますね。突然変異? 近くの無人100円野菜コーナーで一度かってみたのですが農家の人に聞いてみたいものです。ひと束を数回に分け、茎、葉部分も3等分にするなどしないと鍋に入らず。味は? ナムルなどにしましたが、味わうというより新生物と格闘してるみたいで喉を通らなかったです。もう買わない(苦笑)
Commented by risi@いけばな at 2013-04-30 22:32 x
>風うたいさん
そう言えばそちらはホウレン草の産地でしたよね。そちらでも出回っていますか。
TPPで遺伝子組み換え食品などが今以上に入ってくるし、まさに内憂外患。なんとも気が重い昨今ですよね。
<< 外回り3件、日が暮れた。 どうなる、90度公園。 >>