妻有、弾丸日帰りアレコレ。

およそ半年ぶりに新潟県、妻有に行って来た。

先ずは十日町で織物をしている岩田さんご夫妻の家に伺った。突然の訪問にも拘わらず快く迎えてくださった。
しばしよもやま話、帰る前にしばらくぶりに工房を拝見する。

d0117565_21103638.jpg


工房の床に見慣れないものがあるので伺ったところ、昔の織物を復元したものだそうで、実際に制作過程を見せていただいた。

d0117565_21152423.jpg
d0117565_21154236.jpg


縦糸と横糸を織り込んでいくのではなく、横糸に前後から縦糸を編み込んでいくという、気の遠くなるような作業だ。

d0117565_21175673.jpg


材料の麻は自ら採取、乾燥させ、用途によって、麻のどの部分を使うかを分別し、それを糸に縒るという作業から始めるとのこと。
前に工房を見せていただいたときに、麻の芯の部分を縒って作った極めて細い糸で同じような作業をしていたのを思い出し、それも見せていただいた。

d0117565_2132313.jpg


これは8時間作業して3ミリしかできないということで、今は中断しているそうだ。

工房内はどこを見ても未知のものや面白そうなものが一杯あって、資料館のよう。

d0117565_21344134.jpg
d0117565_21345143.jpg


十日町は織物の産地として知られているが、いまではどこも近代化されていて、岩田さんのところのような昔の機やさんの風情を残した工房はもどこにもないそうだ。
ここは丸ごと文化財のようだと思った。

さて本日の主目的、松代の農舞台に向かい、そこで展示されている花友、上野雄次君のインスタレーションを見る。

d0117565_21472929.jpg
d0117565_21471595.jpg
d0117565_21481570.jpg
d0117565_2294419.jpg

d0117565_22115560.jpg

自ら採取した藤蔓や杉、その他現地調達した道具類などを使ったインスタレーションで、小手先だけではない、体全体で素材にぶつかっている姿が気持ちいい。

もう一点、農舞台の屋上に立てた、6mの杉を使った依代(よりしろ)も拝見。

d0117565_21562197.jpg


こちらは、多分、立てるのは大変だったと思うのだが、なにしろ農舞台の建物の規模や存在感が大きすぎるので、気合が空回りの感否めず。
今後いくつかの集落を回って依代を立てまくるとのことなので、そちらの方に期待しよう。

その後、昨夏作品を展示させていただいた蓬平集落、今では妻有での定宿となった三省ハウスなどに挨拶回り、蕗の薹を摘んで帰路に就いた。
by katabami03 | 2013-04-18 22:03 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by 風うたい。 at 2013-04-19 02:01 x
お疲れ様です。十日町の織り工房のこと、興味深く拝見、拝読しました。ご夫婦だけで守っていらっしゃるのですね。苧麻で織る古代の伝統織り、アンギン織りというものではないでしょうか? (違っていたらすみません)
木の枝と枝の間に溝を刻んだ板棒をかけ、経糸、緯糸を手だけで絡ませて編みこんでゆく工程、ほんとうに気の遠くなる作業ですが雪国の暮らしの中で生まれたものですね。再現したいとミニチュアの織り機を試作していた知人がいましたが…。
Commented by risi@いけばな at 2013-04-19 23:16 x
>風うたいさん
そうそう、アンギン織、たしかにそんな風なことを仰っていたような。
織り上がっている部分をルーペで見させていただいたのですが、その精巧さといったら!
もし十日町方面に行かれることがありましたらご紹介いたします。
いつでもだれでも歓迎してくださると思います。
<< 諦めかけていた春の味。 横浜でしゅうまいを買ってきました。 >>