2013年4月6日、JR新宿駅13番ホーム、18時21分。

5歳くらいの男の子が,出発する総武線の電車に手を振っていた。
運転席を見ると、運転手の白い手袋が揺れている。
男の子の父親らしい人が被っている帽子のツバを軽く持ち上げて挨拶。

電車が去った後、男の子は父親に促されるように背中を押されて階段を上がって行った。

d0117565_2217412.jpg


電車が発った後の新宿駅13番ホーム、18時21分。
なぜだか懐かしさを覚える寸景だった。
by katabami03 | 2013-04-06 22:24 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(5)
Commented by うさぎ at 2013-04-07 00:57 x
お父さんの挨拶がいいですね。電車の運転手は電車好きの小さい子供に優しいです。シオリをもらったりウチの鉄ちゃんチビもたくさんの心使いをもらっています。
Commented by 風うたい at 2013-04-07 14:16 x
ほのぼのしますね。ふと目になさったこんなやりとり、運転席から手を振って貰った子どもは有頂天でしょうね。この父親のもとでどんな風に成長するのでしょう。
りし様はお父さんに想いを重ねられたのかしら?
Commented by ポンちゃん at 2013-04-07 21:21 x
⇒風うたい様
りし様は・・・・・更にその上のお父さん・・・・・
つまり・・・「爺~ちゃん」の想いだったと思います。(笑)

同い年の拙は・・・・・妙に子育てが懐かしく・・・・・
そろそろ孫を風呂に入れたり、連れ歩いたり・・・してやりたい。

昨日、芦田愛菜ちゃん?の「幼稚園もの」のスカパー見て・・・
爆泣きしてしまった・・・困ったな~
Commented by 風うかい at 2013-04-07 22:36 x
りし様、横レス失礼します。うさぎさんへ〉 なるほど。それは、りし様にうかがわないと(笑)
Commented by katabami03 at 2013-04-07 23:57
>うさぎさん
仕事帰りの疲れた体にとって、思いがけない一服の清涼剤のような感じでした。

>風うたいさん
子供が大きくなって楽になったけれど、ちっとも面白くないですね。
大変だったけれど面白かったなあ。

>ポ師匠
ははは、そんな心境?
ついでに碁の手ほどきもせにゃならんしなあ。きっと強くなるだろうなあ。

>風うたいさん
じいさんはまだ早いけれど、体が動く内だったら教えてやりたいこともあることだし・・・ってやっぱり爺さんの心境?
<< ぐるり回るは山手線。 不在の証明。(リシノメ154) >>