たった一度の人生だもの。

夕刻、北川フラムさんに会いにアートフロントギャラリーに行く。
北川さんは大地の芸術祭を作り上げた人で、同展の総合プロデューサーを務めている。

d0117565_2215867.jpg


事の発端は、トリエンナーレ以外の年にもいけばなで何かイベントを行えないか、という打診があってのこと。
私自身が属する「Fの会」であれこれ検討し、北川さんに提案したのだが結果は芳しくなく、Fの会としてはしばらく静観して行こうということになった。

同じくFの会の同人であるかとうさとるさんが、いみじくも、「Fの会は小田原評定」と述べていたように、多人数で協議していると、まとまる話もまとまらない、それどころか、まとまっている話も白紙に戻る、といった塩梅。
ウサギが勝手にコケてくれるのを待っているくらいなら、いっそ自爆を覚悟で私自身の提案を出してみようと、本日討ち入りとなった次第。

私の提案のうちの一部には興味を持っていただいたものの、さすがにあれだけの大イベントを立ち上げた人だけあって、いちいちが細心入念、確たる戦略戦術が見えない限り決して安請け合いはしないという厳しさを見せつけられた。

結果は保留と言うことだったが、脈はある。勝負はこれからということか。

帰路、あ~、また余分なことに深入りしてしまいそうだと、ちょっと後悔しながらも、妙な昂揚感を覚えるのであった。
by katabami03 | 2013-03-26 22:51 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2013-03-27 09:18 x
北川フラムさんからの打診、ご実績を評価されてのことですね。
なにが始まるのか〜 外野席の私ですがこれからの展開にワクワクします。
Commented by katabami03 at 2013-03-27 22:05
>風うたいさん
評価はFの会の実績で、私個人としてではないのですが、でもこれからどういう展開になるのか・・・ホント、何が始まるのでしょうかねえ。
というか、このままポシャッてしまわないことを、今はただ祈るばかりです。
<< 花盛り。 休日だと言うのに・・・。 >>