桃の節句かぁ。

ついこの間正月を迎えたと思ったのに、早いもので明日は桃の節句。
男ばかりの3人兄弟だったので、この件に関しては全く縁がなかった。さらに何の因果か、我が子が男ばかり3人!そんなわけだから「まあ母親やカミさんはつまらなかっただろうなあ」なんてこと以外にさしたる感慨もない。
とはいえいけばなを生業としているので、この時期になれば桃を生けたり、指導したりするのは毎年のことになる。

d0117565_21291123.jpg


多分この時期、桃の花を飾っても綺麗に咲いてくれなかった、という経験をされた方は多いのではないだろうか。
今、花屋さんで売っている桃は、まだ莟みが出る前のものを室で養って出荷しているので、本来の桃の季節からいえば早過ぎるわけだ。家の中に飾るにしても、暖かい所に置いておかなければ開花してくれない。

なんでこんなことになったのか?
元々日本の諸々の歳時記というのは旧暦の頃に出来たものなので、今の暦では1か月くらい早過ぎるわけだ。
通常、露地物の桃は3月末から4月、端午の節句の花菖蒲は6月くらいが開花時期になる。

今の暦というのはそれなりの合理性があるので今さら旧暦に戻せとは言い難いが、そんな訳で、こと、いけばなに拘わる歳時記に関しては、何かいい知恵はないものだろうかと、節句が来る度に、フト考えてしまう。
by katabami03 | 2013-03-02 22:20 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)
Commented by 風うたい at 2013-03-03 11:14 x
お花をあげましょ桃の花〜♪ といっても、確かに花屋さんの店頭にあるのは蕾ばかりの桃ですね。写真の花花、優しい春の彩りが美しいです。孫の初節句のお祝い花には迷ったあげく、チューリップ、スイートピー、麦、蔓ものをアレンジした小さなブーケ。室内でチューリップは開いてアネモネのようになりました(苦笑)
Commented by ポンちゃん at 2013-03-03 11:32 x
今だ寒風吹きすさぶ中、我が盆栽は梅が満開~~♪
でも、その他は・・・ようやく芽が出始めたところ。
乾燥は新芽に良くないので、2日に一度は霧を吹く。
手先が痺れてツラい作業だが、楽しみでもあるので我慢(笑)

ところで、なぜか一鉢の「深山海棠」だけが1月半ばに狂い咲き。
本来は4月初旬の花なのに、もう実付きしちゃった。
花芽が残っているので確実に、もう一度咲くはず。
4月には花と実の競演となる。盆栽仲間に自慢しようっと♪

Commented by risi@いけばな at 2013-03-03 22:34 x
>風うたいさん
初節句、おめでとうございます。
日に日に成長していくお孫さんの姿はまさに春の芽吹きのようなのでしょうね。
当方はといえば、花粉にやられて踏んだり蹴ったりです。

>ぽ師匠
盆栽というのも手塩にかけて育てているわけだから、かわいいものなのだろうなあ。
狂い咲き、いいねえ。五十路を過ぎての狂い咲きってーのも悪くないねぇ。
<< 物ぐさじゃあないよ。 ホーム今昔。 >>