ホーム今昔。

最寄りの駅が路線の高架にともなって刷新された。
最近よくあるパターンで、レゴの組み立てみたいな無個性の駅になってしまった。
まあ時代の流れ、と言ってしまえばそれまでよ。

改装される前のホームはちょっと田舎の駅みたいで気に入っていたのだけれど、新しくなってからこの方、どこにでもあるような風景になってしまって淋しさを禁じ得ない。

d0117565_2241932.jpg


そういえば昔(?)の駅やホームというのは、使われなくなった枕木や鉄の線路をいたるところで再利用していたものだ。
昨日山手線に乗った折に注意して見ていたら、さすがに枕木は見られなかったが、線路を再利用した所はまだまっだ健在だった。

d0117565_22122938.jpg

d0117565_22162479.jpg
d0117565_22163595.jpg


これは日暮里駅。新橋や有楽町、田端駅などでも健在であった。


こういうのを見て「いいなあ~」と思うのは、自分が生まれ育った時代への郷愁や感傷も勿論あるのだけれど、どこかに「人」が関わっている痕跡みたいなものが、そこはかとなく漂っているからなのだろうか。


唐突だが、今だにスカイツリーというのに行きたいという気がまったくおきない。
昨今のホームに立っていて、つくづく俺は「東京タワーだな」と思うのであった。
by katabami03 | 2013-02-25 22:31 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 桃の節句かぁ。 楽しい他流の展覧会。 >>