複雑な季節。

所用で銀座の松屋に行く。
用事を済ませてお店を出ると既に夕刻。そこでいきなり目の前に飛び込んできたのがコレだ!
d0117565_21363741.jpg

電飾がオレンジ色に見えるが、ホンモノはもっとほんとの赤色。

で、その対面は。
d0117565_21385140.jpg


紅白、そして直線と曲線。これはお互いに申し合わせてやったのかな。

う~ん、まあ素直にキレイだと思う・・・。
思うのだが、内心微妙に複雑なのだな。この季節。

基本、人様が何をしようがその人の自由。
街をギラギラにしようが、あるいは自宅をどう飾ろうがとやかく言うことではないと思っている。
しかしねえ・・・、この季節の光景を見るにつけ、いつまでたっても馴染めないモヤモヤが残ってしまう。

原発問題やらそれに関わる電力問題はちょっと置いておくとして、やはりこのテの飾りが発する光にはどこかケバさを感じてしまう。
ランプや薪の炎の美しさは見あきることがないが、日々の生活はキャンプではないので電気は不可欠。それでも六畳間くらいだったら60ワットくらいの電球の明かり一つで十分だと思っている。

まあ太陽とともに起居する生活は無理だとしても、人間も自然の一部。
不自然に明るい夜は・・・そう、やっぱり不自然なんだよね。
by katabami03 | 2012-11-15 22:18 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by うさぎ at 2012-11-16 01:17 x
逆転ンあ発想で暗闇のなかのおしゃれな灯のデザイン、考えている人きっといると思う
Commented by risi@いけばな at 2012-11-16 21:06 x
ファミレスとかコンビニなどは明るすぎるくらい明るいですよね。それに比して、ちょっといいレストランとかバーとか、大人が寛ぐところって、そんなに明るくないじゃないですか。
大人振る気などないんですけど、やっぱりちょっと薄暗いところのほうが落ち着くんですよねぇ。
Commented by TT at 2012-11-17 23:01 x
パラオのある小島で星空を見たときに、夜空と共に海面にも多くの星(特にオリオン座)が映っていたのが衝撃的でした。
自慢話のようですみません。
でも、それ以来、大がかりなイルミネーションを見ても、心動かされることが無くなってしまいました。悪く言えば、こけおどしのようにしか感じないのです。きれいでしょ、すごいでしょ、と言われているみたいで。
もうちょっと、違うやり方無いのかな、と思ってしまいます。
Commented by risi@いけばな at 2012-11-18 18:46 x
>TTさん
全体、世間が明るすぎるんですよね。街がもうちょっと暗かったら、ほのかな明かりでもキレイなのかも。まわりが明るいから余計に明るくする、だからえげつないものになってしまうような・・・。
<< あと3日!(インドの旅2) 今日も太陽を見た。 >>