太陽を見た。

駅のホームへの階段を上がると・・・おお燦然と輝く太陽!

なんだか随分と久しぶりに太陽を見るような気がする。実際はそれ程久しぶりではないのだろうけれど。

d0117565_22485855.jpg


太陽も水とか空気とかと同じように、普段はその有難味が分からない。
今日の太陽を目にしたときは、なんだかとっても有難いような、思わず拝みたくなる気分だった。



先ほど「蓬平・繭の家」の作家、古巻和芳さんが、11月2日に行われた「自由報道協会」主催の田坂広志氏の会見を紹介されていた。
長くて貼れないのですが、探しだしてご一読いただければと思います。
元原発村の科学者の言葉だけに説得力が違います。
by katabami03 | 2012-11-13 23:00 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 日本橋うさぎ at 2012-11-14 01:57 x
そういえばお誕生日でしたね! おめでとうございます!
お祝いが遅れて申し訳ないです。

また1年、りし先生が健康でますますご活躍できますように♪
Commented by katabami03 at 2012-11-14 23:12
>アートさん
有難うございます。
もうそろそろ世のなかのシガラミから解放されたいと思っています。
準備でもはじめようかなあ。人生一度きりですから。
<< 今日も太陽を見た。 こんなん生けました。 >>