秋が来た。

義父の墓参りで高尾に行く。
墓はJR高尾駅から車で10分程の所にある緩やかな山地を切り開いて造られた霊園内にある。周囲は落葉広葉樹に覆われ、気持ちのいい空間だ。
今年はいつまでたっても木々が色づかないと思っていたが、見回せば欅、桜、小楢などがほのかに色づき始めている。
ちょうど雨上がり、満を持したようにきのこが顔をのぞかせていた。
d0117565_21412037.jpg

ほれぼれするような色、艶、形。
綺麗なキノコ=毒キノコ、という先入観から、これはそのままにしてきた。

家に帰って調べてみると・・・これはもしやタマゴタケ?可食とな。
マ、マジかよ~。
by katabami03 | 2012-10-07 21:50 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 昔とちっとも変っていないんだな。 「全道いけばな美術展」50周年記念。 >>