不発。

昨日は「はないけバトル」というイベントに参加した。
一度拝見していたが「これは若いひとたちのものだなあ」と思っていた。ところが8月末ごろだったか、主催者の一人である上野雄次君から出場の依頼がきた。自分のような年配者が出る幕ではないのではと一瞬迷ったが、いくつか思うところもあって出場を受理した次第。

結果は芳しくなかったが、作品に関しては自分なりにはそこそこ満足のいくものだった。何よりも今回数人の素晴らしい人達に出会えたことが収穫であった。

打ち上げ風景。
d0117565_16324151.jpg

二次会では青山の小原流会館のすぐ近くにあるお店に行く。
青山通りからほんの30メートルほど入ったところにあるというのに、信じられない値段。
d0117565_16344862.jpg

2,30年くらい前までの盛り場では見かけたような作りの店だが、今日び珍しい骨董品的な店だ。
以前は、たとえば天井を見るともうそこでは飲みたくなくなるような、ものすご~~くキタナイお店だったそうだ。
連れて行ってくれたのはこの人 ↓ 。
d0117565_163964.jpg

イベント、打ち上げ、二次会全てが楽しい時間だった。
by katabami03 | 2012-10-01 16:40 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by kusanomi at 2012-10-05 13:13 x
楽しかったですね!

表現に於いて 年齢を考えることはあまり重要ではないと私は思っています。
熟練でも瑞々しい表現をされるかたもいれば、若いのにカタから抜け出せない人もいます。
むしろ垣根を越えて若者の中に入って行ける気持こそが素晴らしいッ。

盛り上がっていらっしゃる打上げ写真 ↑
このかたは ひたすら「美しき花」を追及されておられる ・・・
あの静かな佇まいの?!
Commented by katabami03 at 2012-10-06 22:34
>K先生
ご来場いただき有難うございました。
やってみて思ったんだけど、こりゃあやっぱり若けえモンのやることだなぁ。
ああいう緊張感ってこのところなかったし、相手の花を見て、「オッ、そうくるか」とか、いろいろと面白かったけれど、正直なところ、花はもう少し時間をかけて生けたいと思いました。
↑、そう、あの静かなたたずまいのH君です。
<< ビューティフル自然色。 あわただしき展覧会シーズン。 >>