あわただしき展覧会シーズン。

「花下侶」の展覧会の最中だが、お付き合いも大切なので2件拝見。

先ずは銀座かねまつホールにて、古流協会のお仲間「古流松禹会」展から。
家元・大野理瀞先生の作品。
d0117565_21583714.jpg

こちらは副家元・大野理瞳氏のお月見の花。
d0117565_220368.jpg

お団子も御手製とのこと。
d0117565_2203941.jpg

糺さんのブログを拝見して、資生堂にも寄りたかったのだが泣く泣く先を急ぐ。

地下鉄駅に向かう途中、松屋のヴュトン、草間彌生のディスプレイが例のタコの足みたいなのに変わっていた。残念ながら草間人形は不在。
d0117565_2221213.jpg


地下鉄に乗って龍生派の新会館へ向かう。
飯田橋から少々歩くのだが、今日はやけに暑かった。有難いことに街路樹が木陰を作ってくれていた。ここを歩くのは久しぶりだが、以前はこれほどの木陰はなかったように思う。街路樹が成長したのだろう。光陰矢のごとしか・・・。

こちら家元・吉村華泉先生の作品。失礼ながら80は越えているはずだが、カイズカイブキが力強い。
d0117565_221272.jpg

スリットのような空間の作品。
d0117565_22122539.jpg

関本先生は豪快。
d0117565_2214531.jpg

こんな気の利いた小品も。
d0117565_22133091.jpg

秋の杜若の生花は詫びた風情。
d0117565_22142081.jpg

ロビー脇には水を張った空間があり、副家元の吉村華洲さんはそこに作品を展示していた。
d0117565_2217972.jpg

ジャグジーのように使ってみたい空間だ、とあらぬことを想像してしまった。
by katabami03 | 2012-09-29 22:18 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by nageire-fushe at 2012-09-30 20:32
さすがに花展ですね~~
どれも力作ばかりですね!!
自分は杜若が好きです。
何となく大作ばかりの中
ホッとする感じがします。
Commented by risi@いけばな at 2012-10-01 17:55 x
>nageire-fusheさん
展覧会になると、出品する方々はここぞとばかり力が入って、ついつい饒舌になりがちなものですが、かえって瀟洒なものの方が目を惹くことがありますね。
この杜若はまさにそんなものの一つでした。
<< 不発。 仲間、いっぱい。 >>